londonowさん(女性/29歳)の海外旅行保険体験レポート

be

旅行先 ベルギー
旅行時期 2010年夏
加入保険 楽天カードの携行品保険のみ
補償金額 2万円

 

data

フランスに母と一緒にひと月ほど海外旅行をしていたときに、一日ベルギーのブルージュという
小さい可愛らしい町に出かけた時の事です。

都会のパリでは、電車に乗るときは必ずバッグを前にし、みんな泥棒にみえるくらい警戒していたのですが、うっかりのどかなベルギーの風景に気を抜いた私が悪かったと反省しています。

ブルージュの観光スポットである広場に到着して、ランチをした後(ここまではお財布があったので、
ランチを支払えています)、馬車で小さな町を周遊しようと、母と一緒に馬車に乗り込みました。

2人がけの小さな馬車で、観光自体は大変楽しかったのですが、いざ終了後にお金を払おうとしたら、
バッグからお財布が忽然と消えていました!

馬車の運転をしていた若い女性とは触れ合っていませんので、おそらく広場で馬車にのろうかと
母と相談していた時に、その辺にいたプロのスリにやられたんだと思います。

お財布自体は、1万ちょっと、現金もそこまで入れていなかったのですが、気分はガタ落ち。
ここで一番先にやることはクレジットカードの停止です。

(自慢できる話ではないのですが)以前にもスリに2回もあっている私、しっかり楽天カードの
紛失した際の緊急連絡先をノートにメモしていました。

なので、携帯からすぐカード会社に連絡して、カードを緊急停止してもらいました。

さて、次にやるのは警察署に行って、事情聴取をうけ、盗まれたことを証明する紙
(=後で保険会社に送る際に必要です)をもらうことです。

困ったのは、フランスの警察署や大使館は抑えていたものの、ベルギーまでは調べていなかったことです。
こうなったら、手あたり次第、周りの人に”Where is police office?”と聞きまくりです。

英語がそんなに伝わらないので、30分ほどかかりましたが、無事に警察署に到着。

のんびりしている暇はありません、日帰り旅行ゆえ、帰りの列車の時刻が2時間後に迫っていたのです。

汗びっしょになりながら、警察署に飛び込み”I was stolen my wallet!”と血相を変えて話す日本人に、
きっと現地のおまわりさんもびっくりしたことでしょう。

英語があまり通じないので、向こうの質問がよく理解できなかったものの、
「お財布は何色だったか?いつ?いくら?」といったものを確認して、身振り手振りで
ようやく1時間かけて事情聴取終了。

そのあとは、走って帰りの列車に間に合いました。

日本に帰ってから、楽天カードに電話して携行品紛失保証の手続きをしました。
旅行代金を楽天カードで支払っていなければ、この手は使えませんし、あまり払おうとする態度では
ないため、「でも、ここにこう書いてありますよね?」といった押し問答を1度した記憶があります。

ただ、数日や一週間ちょっとの旅行であれば、私は保険金がもったいないので、いつも旅行代金を楽天カードで払って、この保険だけにしています。

もし、旅行先でトラブルにあった時に備えて、
・緊急連絡先(クレジットカードの会社あて、紛失届のコール先)
・現地の警察署に届け出て、その証明をもらうこと
だけは忘れないでください!

あと、大事なことはお金は後で戻ってきますので、がっかりした気分をいつまでも
引きずらないことが大切だと思います!

data