海外の支払いはキャッシュレスが多く、クレジットカードで支払いをスムーズに済ませることができるのが特徴です。そういったこともあって、海外旅行に行くと、ついついお金を使いすぎてしまう、という人は多いのではないでしょうか。

一方で、海外でクレジットカードを使うことになんとなく不安を感じている人、日本でも現金支払いだから海外でも現金で支払いたいという現金派の人も少なくないのではないかと思います。現金派にとって現地での問題になるのが現金を引き出せるATMがあるのかどうか、という点になります。

そこで、今回は海外で現金を引き下ろす際に使える「Cirrus(シーラス)」や「PLUSについて紹介します。カードを見ていて裏面やATMのロゴが気になったことはありませんか?そのロゴについて詳しく説明します。



海外でもお金を下ろしたい

海外ではクレジットカードを利用する人が多く、多くのお店や飲食店での支払いにカードを利用することができます。日本にいる時でもクレジットカードを利用しているという人はとくに抵抗なく、日本にいる時と同じように支払いをするだけです。

一方で、海外でカードを使うことになんとなく抵抗がある、普段からカードを使わないという人の場合は現金を使うことになります。しかし、海外は一般的に日本よりも治安がいいとはいえず、現地でスリや盗難にあう可能性もありますし、財布を落としたらおそらく戻ってくることはないでしょう。そうなると現金を持つとしても、大金を持つというのはリスクが伴う方法となります。

また、クレジットカード派の人であっても、万が一のトラブルが発生した時は現金が必要になる可能性もゼロではありません。

いずれのケースにしても、現地でお金を引き出すことができる手段を確保しておくことは非常に重要です。

しかし、お金を引き出すというと銀行から引き落とすのが一般的です。海外の銀行に口座を持っていて、預金も十分あるという人はほとんどいないのではないでしょうか。

日本の銀行口座しか持っていない人が海外でお金を引き出すにはどうすればいいのか、それを解決してくれるのがクレジットカードです。

ほとんどのクレジットカードに付いている海外キャッシング機能を使って、ドルでもユーロでも韓国ウォンでも、現地通貨を引き出せるのです。

クレジットカードでお金を引き出す際にポイントとなる「Cirrus」と「PLUS」について詳しく解説していきましょう。

海外でもお金が引き出せるCirrus(シーラス)とPLUS(プラス)

日本で発行したクレジットカードを使って、海外のATMからクレジットカードの海外キャッシング機能でお金を引き出すことができます。どういったカードで利用できるのか確認していきましょう。



マスターカードが展開するオンラインネットワーク「Cirrus(シーラス)」

Cirrusは、世界的なクレジットカードのブランドであるマスターカードが中心となって多くの国に展開されているATMのネットワーク網です。

マスターカードを持っている人は裏面を確認してもらうとわかるかと思いますが、青色の円が2つ重なるように位置していて、そこに「Cirrus」と記載されています。このマークが記載されているマスターカードは海外のATMから現金を引き出すことができます。

「海外のどのATMが使えるの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが海外でCirrusが利用できるATMにもCirrusのマークがついているので、利用の可否はATMの本体を見ればわかるので安心してください。

ちなみに、Cirrusはあくまでもマスターカードが「中心となって」展開しているだけであり、例えば、JCBやダイナースクラブなど他のブランドのカードでもCirrusのマークが記載されていれば海外で現金を引き出すことができます。

いずれにしても、海外に行く前に自身の持つクレジットカードを確認してみてください。

VISAのネットワーク「PLUS(プラス)」

PLUSは同じく国際的なクレジットカードブランドであるVISAが展開しているATMのネットワーク網です。

VISAから発行されているクレジットカードのほかに、デビットカードやプリペイドカード、さらには一部の銀行のキャッシュカードを利用して海外のATMから現金を引き出すことができます。

Cirrus同様カードの裏面に「PLUS」と記載されているので、このマークがあれば引き出しが可能です。ATMについてもCirrusと同じようにATMの本体にPLUSのマークが記載されているものが対応している機種となります。

海外のATMの使い方

海外のATMは日本のように銀行の中にあるもの、空港や商業施設の中にあるもの、街中のビルの外壁に埋め込まれているものなどがあります。また、カードの挿入の仕方も日本と同じようにカード表面を上に向けて挿入するものが主流ですが、中には裏面を上に向けて挿入するもの、カードをスライドするものなど様々です。

お金の引き出しまでは日本のATMを操作するのとほとんど変わりはありません。しかし、ATMの操作は基本的に英語や現地の言葉に沿って行うことになります。中には日本語を表示することができるものもありますが、英語が苦手な人にとっては少し不安に感じるかもしれません。

そこで、参考までに引き出しまでの流れを紹介します。(ATMによって操作が異なる可能性があるので注意してください。)

  1. カードを挿入し、暗証番号(ENTER PIN)を入力
  2. 取引内容(TRANSACTION)を選択。現金を引き出す場合は「WITHDRAW」を選択
  3. 「SELECT ACCOUNT」と出てくるので「CREDIT CARD」を選択
  4. 引き出す金額を入力。金額はあらかじめ決められたものの中から選ぶのが一般的
  5. 現金が出てくるので受け取る
  6. 明細とカードを受け取って終了

以上の流れを覚えておけばいざという時に役に立つはずです。

海外に行く前にクレジットカードを確認

今回は、海外で現金を引き出す方法としてクレジットカードを利用した「Cirrus」と「PLUS」について紹介してきました。世界各地で現金が引き出せるこれらのカードはいざという時に備えて持っておいて損をすることはありません。

海外に行く予定のある人はこれらのカードを用意しておくことをお勧めします。また、すでにVISAやマスターカードを持っているという人は自身のカードがCirrus・PLUSに対応しているのか裏面を確認するのと同時に、暗証番号も確認しておくようにしてください。