ダウンロード

ゆうちょ銀行のキャッシュカードとクレジットカードが一緒になった、一体型が便利!

年会費 1,250円+税(利用金額30万以上で翌年も無料)
国際ブランド VISA/MASTER/JCB



JP BANKカード(JPバンク/ゆうちょ)のメリット

ゆうちょ銀行のキャッシュカードと一緒になった一体型と、クレジットカードのみの単体型が選べる、JPバンクカード。
どちらも、初年度年会費無料、翌年度も公共料金の支払いや、ゆうちょ銀行の給与預入・年金自動受取りを利用、または年間の利用金額が30万以上で年会費が無料になります。

ゆうちょ銀行をメインバンクとして、現金引き出し等でよく利用する人には、一体型だともう1枚キャッシュカードを持ち歩く必要がなく便利ですね。

海外旅行保険はゴールドのみ付帯

残念なことに、一般カードには旅行保険は海外も国内もついていません。

しかし年会費10,000円(税抜)のゴールドカードにすれば、海外保険が付帯されます。
ちなみに、ゴールドカードの補償内容を、当サイトで紹介している年会費無料の究極旅行保険カードと比較してみましょう。

  JP BANKカード ゴールド
(VISA/MASTERのみ)
究極旅行保険カード
事故死亡・後遺症 1,000万円(利用付帯で最高5,000万) 2,000万円
傷害・疾病治療 300万円 200万円
携行品損害 50万円 20万円
救援者費用 500万円 200万円
賠償責任 5,000万円 2,000万円

さすが、ゴールドカード。一番使う可能性の高い、傷害・疾病治療も携行品損害も申し分ない補償内容ではないでしょうか。
それに家族特約も付いています。年会費が高いだけありますね。

ちなみ、同じJP BANKカードでも、国際ブランドをJCBを選ぶと海外旅行保険はついていないので注意してくださいね。VISA、MASTERのみ付帯となります。

さらに海外旅行保険として万全を期すためには、海外での入院や手術代は場合によっては500万を超えることもありますが、治療費用などの保障金額はカードが2枚あれば合算できますので、年会費無料で保険付帯のカードをもう1枚持って行くのがおすすめですよ。

icon-chevron-circle-right「年会費無料」の海外旅行保険付きカード ベスト4