jcb-gold

JCBゴールドは、日本の国際ブランドJCBが発行している、有数の人気を誇るゴールドカードです。
海外旅行保険は家族特約付きで、家族も補償されるカードですが、1万円という年会費と補償額を考えるとあまりお得なカードとは言えません

JCBゴールドは、カードとしてのスペックに目立った特徴はありませんが、JCBという安心・信頼で多くの人が利用しているカードです。有名デザイナーがデザインした繊細で美しい基本券面のほか、ミッキーマウスデザインも選べることが特徴です。

JCBゴールドの海外旅行保険の内容は、まずまずといった内容です。
年会費1万円で、保険は自動付帯。家族特約も付いていて、小さなお子さんまでカード1枚で補償されます。

日本国内とハワイの空港ラウンジも使えますし、飛行機が遅れた場合の宿泊費などが補償される航空機遅延補償も海外・国内ともに対応しています。

このようにJCBゴールドは、ゴールドカードの海外保険として基本的な水準にはあるのですが、保険以外にゴールドカードとしてのメリットが少ないことを考えると、このカードをあえて保有する理由はあまり見当たりません。

当サイトでおすすめしている、海外旅行保険、特にゴールドカードならではの家族特約が充実したカードと内容を比べてみましょう。
比較するのは、JCBゴールド同じ年会費1万円の「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」です。

  JCBゴールド セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
年会費 10,000円 10,000円(初年度無料)
傷害・疾病治療 300万円 300万円
傷害・疾病治療(家族) 200万円 300万円
携行品損害 50万円 30万円
携行品損害(家族) 50万円 30万円
空港ラウンジ 国内/ハワイ 国内/ハワイ
その他 ●航空機遅延補償(海外/国内) ●航空機遅延補償(海外)
●手荷物遅延補償
●手荷物無料宅配

比べてみると、保険で最重要の「傷害・疾病治療費用」で、家族の補償額が100万円違うことが大きな違いです。
子供はケガや病気にリスクが大人よりも高いですから、子供の補償が本人と同じ300万円補償されるのは安心です。

さらに、手荷物遅延補償と、空港からの自宅までスーツケースの無料宅配サービスがある点でセゾンゴールドアメックスがJCBゴールドを上回っています。

また、JCBゴールドをあまりおすすめできない理由は、年会費にもあります。JCBゴールドは年会費が1万円かかりますが、例えば三井住友VISAゴールドなら、同じ補償内容で年会費を4,000円まで安くすることもできます

家族特約付きのおすすめカードについては、下記の記事で詳しく解説しています。

>>「子供も補償対象」の海外旅行保険付きカード ベスト3