jal-club-a-gold

JALをよく利用する方に人気のJALカードのゴールド、JAL CLUB-Aゴールドカード。
普通カードに比べ、マイルが貯まりやすいのが大きな魅力です。
ただし、年会費16,000円と少し高めの設定で、メリットが大きいとは言いにくいでしょう。

JALをよく利用するなら持っておきたいJALカード。そのゴールドカードに当たるのが、JAL CLUB-Aゴールドカードです。

年会費の分、普通カードよりもマイルが貯まりやすくなっています。区間マイルは普通カードの2.5倍。また、通常年会費3,000円かかる「ショッピングマイル・プログラム」に自動入会なので、飛行機の搭乗だけでなく買い物でもマイルが貯まります。
ただし、一般的なゴールドカードに比べて16,000円と高めの年会費がかかるので、本当にお得かは慎重に考えなければいけません。

海外旅行保険についても、少し注意が必要です。JAL CLUB-Aゴールドカードは、選択した提携ブランドによって補償額が変わります。

例えば本人の傷害・疾病の治療補償は、JCBなら300万円ですが、アメリカン・エキスプレスなら200万円、VISAやMasterCardでは150万円といった具合です。
ラウンジサービスも、ブランドによって利用できる空港が違います。特に海外は差が大きいので、個別にチェックが必要です。

JAL CLUB-Aゴールド実力を確認するため、当サイトおすすめの「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」と比較して表にまとめました。

  JAL CLUB-Aゴールド セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
年会費 16,000円 10,000円(初年度無料)
傷害・疾病治療 150~300万円 300万円
傷害・疾病治療(家族) 150~200万円 300万円
携行品損害 50万円 30万円
携行品損害(家族) 50万円 30万円
空港ラウンジ 国内/(海外) 国内/ハワイ
その他 ●航空機遅延お見舞い
●ビジネス専用カウンター利用
●航空機遅延補償(海外)
●手荷物遅延補償
●手荷物無料宅配

JAL CLUB-Aゴールドは、国際ブランドによって内容が異なるため、表では補償額の幅を示しています。
「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」と比較してみると、ブランドによっては補償額にかなりの開きがあるとわかります。
特に家族の傷害・疾病補償は、どのブランドを選んだとしても100万円以上の差が出ています。

手荷物無料宅配などのサービス面を見ても、JAL CLUB-Aゴールドカードが劣っていると言わざるを得ません。
加えて、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスは年会費が1万円ですから、どちらを選ぶべきかは一目瞭然でしょう。

更に年会費を抑えるなら、「三井住友VISAゴールドカード」という選択肢もアリです。
こちらはJAL CLUB-Aゴールドカードと同等以上の補償内容で、年会費を4,000円まで抑えることが可能です。

詳しくは下記ページで解説しています。

>>「子供も補償対象」の海外旅行保険付きカード ベスト3