jwest

JR西日本のクレジットカード、J-WESTカード。
JR西日本の山陽新幹線・在来線のほか、JR九州・JR四国の特急もお得に乗れる、旅のお供に人気のカードです。

鉄道だけでなく、ホテルやレンタカーなど旅先で広く使えます。

このように旅行に特化したJ-WESTカードですが、海外旅行保険の利用には二つ注意点があります
まず、利用付帯の保険だということです。

旅行前に、旅行費用や交通費の支払いにJ-WESTカードを利用しなければ、保険の適用になりません。
利用付帯でも、国外での使用も対象とするカードがありますが、J-WESTの場合は国内利用のみが認められますので、この点にも注意しなければなりません

もうひとつの注意点は、たとえカード利用で保険を適用したとしても、J-WESTカードの補償だけでは不足する可能性が高い、ということです。

まずは表で旅行保険の内容を見てみましょう。
比較対象は当サイトで紹介している、年会費無料の究極旅行保険カードです。

  J-WESTカード 究極旅行保険カード
事故死亡・後遺症 2,000万円 2,000万円
傷害・疾病治療 100万円 200万円
携行品損害 20万円 20万円
救援者費用 100万円 200万円
賠償責任 2000万円 2,000万円

事故死亡・後遺症は同額の2,000万円です。
しかし事故死亡・後遺症の補償を受け取る事態は、確率的にほぼありません。
ですからこの項目はさほど気にしなくても良いでしょう。

注目したいのは、傷害・疾病治療と携行品損害の補償額です。
海外旅行保険が使われるトラブルのほとんどは、この二つのどちらか。
つまり、この二つをしっかり備えることが大切なのです。

J-WESTは100万円、究極旅行保険カードは200万円と、傷害・疾病治療の補償額には倍の差があります。
海外では日本に比べ医療費がかかり、盲腸など簡単な手術でも100万円を超えることは珍しくありません。
そのことを考えると、J-WESTの保険だけでは対応しきれない可能性が高いと言えます。

ただし、カードの旅行保険は一部の項目をのぞいて傷害・疾病治療などは補償額を合算できます。
複数のカード付帯保険を用意しておけば、高額の医療費もしっかりカバーできるというわけ。
J-WESTの他に、年会費無料で自動付帯のカードを持っていると、安心して旅行を楽しめるでしょう。

>>「年会費無料」の海外旅行保険付きカード ベスト5