american-express-gold
ステイタス性が高く、国内はもとより海外でも、どこに出しても恥ずかしくないゴールドカードの代表格。
海外旅行保険をはじめとした付帯サービスの充実度もワンランク上です。
しかし年会費も超ゴールド級。「ここまでしなくても」とも言える一流カードです。

アメックス・ゴールドといえば、あこがれる方も多いでしょう。
最近では審査がさほど厳しいわけではなく、多くの方が手軽に持てるカードとなっていますが、それでもステータス性は健在。
国内はもとより海外でも、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを見せたら丁寧に対応してもらえた」など、信頼の証となっています。

そんなアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードですから、各種優待やサービスも充実しています。特に快適な旅行をサポートするサービスや保障が多く、旅行好きには魅力的な一枚と言えます。

海外旅行保険に注目すると、補償額は最高1億円。もちろん家族特約付きです。
乗り換えや出航遅延補償、手荷物の紛失や遅延の補償もあります。また、ラウンジ使用や手荷物無料宅配など空港でのサービスも手厚い内容です。

同じく家族特約付き、当サイトでおすすめしている「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」と比較してみましょう。
「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」は、クレディセゾンから発行されているアメックスゴールドカードです。

  アメリカン・エキスプレス・ゴールド セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
年会費 29,000円 10,000円(初年度無料)
傷害・疾病治療 300万円 300万円
傷害・疾病治療(家族) 200万円 300万円
携行品損害 50万円 30万円
携行品損害(家族) 50万円 30万円
空港ラウンジ 国内/ハワイ/韓国 国内/ハワイ
その他 ●航空機遅延、欠航、搭乗不能費用補償
●手荷物遅延補償
●手荷物無料宅配
●航空機遅延補償(海外)
●手荷物遅延補償
●手荷物無料宅配

こうして比較すると、内容的にはほぼ同レベルと言え、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの充実度がわかります。
しかし、ネックは高額な年会費です。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは29,000円(税別)とゴールドカードの中では年会費も別格です。
年会費10,000円のセゾンゴールドアメックスと比べると、逆に家族の補償など保険内容としては物足りなさを感じます。

また、表の補償内容は利用付帯の場合で、自動付帯だと補償額が変わるのも注意が必要です。
「お得に海外保険」という趣旨からすると、あまり良い選択ではないでしょう。

更に年会費を抑えるなら、「三井住友VISAゴールド」という選択もあります。こちらは年会費を4,000円まで押さえながら、セゾンゴールドアメックスとほぼ同等の補償が受けられます。

詳しくは下記ページで解説しています。

>>「子供も補償対象」の海外旅行保険付きカード ベスト3