2016年の海外保険付きクレジットカード徹底比較

MENU

ゴールドカードなら補償額は十分?


l_031年会費が高いゴールドカードなら、海外旅行保険も充実していて、保険はそれだけで十分と思うかもしれません。

しかし、ゴールドカードといえども海外旅行保険の補償内容はまちまちになっていて、注意しておくことが必要です。

 

 

カードによって補償内容が大きく異なる

ゴールドカードやプラチナカードは、年会費5000円程度のものから3万円ぐらいのものまでいろいろあります。
ですが、海外旅行傷害保険という面で比べると年会費無料のカードに劣る内容のカードも多々あります

例えば、メジャーなカードなのに海外旅行保険内容の悪い例が「セゾンカードゴールド」です。
年会費無料の究極カードと比較してみました。

ダメなゴールドカードと究極カードの補償比較(本人分)
  ゴールドカード《セゾン》
gold-card-saison
エポスカード
epos-silver
年会費 10,000円 無料
付帯 自動付帯 自動付帯
治療費用 100万円 傷害治療200万円・疾病治療270万円
携行品損害 50万円 20万円
事故死亡・後遺症 3000万円 2000万円
救援者費用 100万円 200万円
賠償責任 2000万円 2000万円

一番大切な治療費補償で究極カードを100万円(疾病治療は170万円)も下回っています。
1万円の年会費でこの金額は悲しいですね。。

 

一方で、もちろん海外旅行保険のレベルが高いゴールドカードもあります。 

優良ゴールドカードと究極カードの補償比較(本人分)
  三井住友VISAゴールドカード
mitsui-sumitomo-visa-gold
エポスカード
epos-silver
年会費 10,000円 無料
付帯 自動付帯 自動付帯
治療費用 300万円 傷害治療200万円・疾病治療270万円
携行品損害 50万円 20万円
事故死亡・後遺症 5000万円 2000万円
救援者費用 500万円 200万円
賠償責任 5000万円 2000万円

三井住友VISAゴールドカードは、治療費用の保険金が300万円と非常に高い上に、その他の補償もすべて充実した優良ゴールドカードです。

基本年会費は10,000円(初年度無料)ですが、「WEB明細の利用」や「リボ払い登録」などの条件を満たせば年会費4,000円になるのもうれしいところです。

 

家族特約がゴールドカードの強み

一般のクレジットカードにはない、ゴールドカードの強みが家族特約というものです。

多くのゴールドカードでは、家族特約が付いていて配偶者や両親といった家族、小さな子どもまで補償もしてくれます。
しかもカード会員本人が同行していない旅行でも、自動的に補償されるのです、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード」で見てみましょう。

ゴールドカード付帯保険の本人・家族補償額
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード
saison-gold-american-express
補償内容 本人 家族・子ども
治療費用 300万円 300万円
携行品損害 30万円 30万円
事故死亡・後遺症 5000万円 1000万円
救援者費用 200万円 200万円
賠償責任 3000万円 3000万円

本人の治療補償が300万円というだけでも、海外保険が充実したカードと言えます。
さらに、家族特約付きのカードは家族の分の補償額が少ないことがほとんどですが、このカードは家族の分まで同額の300万円補償されます。

アメリカン・エクスプレスという点で、ヨーロッパやアジアで利用できる店が少し限られるという欠点はありますが、海外旅行保険の家族特約はこのカードがゴールドカード随一です。

 

ゴールドカードと年会費無料カードの合わせ持ちがおすすめ

ゴールドカード・プラチナカードは何よりステータスになりますし、空港内のラウンジを無料で使えたり、手荷物無料宅配サービス・海外でのサポート窓口といったサービスといった多くのサービスといった他にない魅力があります。

ですが、海外旅行保険に限っては、一口にゴールドカードと言っても補償額や内容は本当に様々です。保険の内容を「ゴールドカード海外旅行保険一覧比較表」でチェックしてみてください。

少なくとも、ゴールドカードを持っている方、検討している方は、「ゴールドカードさえあれば海外旅行保険は付帯保険で十分!」と誤解だけはしないでいただきたいと思います。

クレカ付帯保険だけでリスクにしっかりと備えるなら、ゴールドカードに加えて年会費無料の究極カードも1枚持っておき、当サイトが「必要十分な金額」と結論づけた治療費用の保険金を合算で300万円〜400万円にしておくのがおすすめです。

また、家族も海外保険対象になる「家族特約」でゴールドカードを選ぶなら、『「子供も補償対象」の海外旅行保険 家族特約付きカード ベスト4』で、コストパフォーマンスで選んだおすすめカードをご紹介しています。

kodomo-20160822

当サイトについて

クレジットカード付帯の海外保険について、活用のコツや注意点を徹底ガイド。旅行会社や空港で無駄な保険に入る必要はないことを証明しています。年会費無料のお得なカードから、子供連れでも家族全員が補償されるゴールド・プラチナカードまでカードの海外旅行傷害保険を比較し、メリット豊富なおすすめカードもご紹介します。
PAGETOP