2016年の海外保険付きクレジットカード徹底比較

MENU

マイルが貯まりやすいおすすめカード

  • HOME »
  • マイルが貯まりやすいおすすめカード

「買い物をするだけでマイルが貯まる!」「マイレージを貯めて旅行に行こう!」というような宣伝文句を見かけることが多いですが、マイルについて知っている人というのは非常に少ないです。

これは、空港を利用する機会が少ないということに通じていますが、空港だけではなく日本ではクレジットカード文化が定着していないということもあり、マイルについてあまり知られていないことが特徴的です。

そこで今回は、マイルを貯めることによって何が出来るのかということと、マイルを貯めるのに最適なカードについて詳しく紹介していきます。

 

マイルを貯めることによって生活を豊かにすることが出来る

マイルというのは、簡単にいえば航空会社が発行しているポイントカードのようなものです。

一般的なスーパーや家電量販店などでも発行しているポイントカードと同じように、ポイントを貯めることによって様々な特典を享受することが出来るということが挙げられます。

こちらでは、マイルポイントの紹介と、ポイントを貯めることによって何が出来るのかということについて紹介していきます。

 

マイル(マイレージ)というのは航空会社が発行するポイントのこと

マイルポイントはマイレージポイントと呼ぶこともありますが、日本国内で有名なマイルポイントは大きく分けて2つあります。

  • JALマイル(JAL Mileage Bank)
  • ANAマイル(ANA Mileage Club)

こちらの2つになっていますが、それぞれを略して、JMB・AMCと呼ばれることもありますのでマイルについて調べる時には注意して下さい。

この2つのマイルポイントは運営している航空会社が異なるために、違う扱いになっていることが特徴的です。

そのため、JALマイルを貯めていてもANAマイルが貯まっていなければ、ANAマイルの特典を利用することが出来ないということになります。

ちなみに、日本国内ではJMBとAMCの二強になっていますが、海外での有名なマイレージプログラムとしては、デルタ航空のスカイマイル、ユナイテッド航空のマイレージプラスなどが挙げられます。

 

マイルを貯めることによって様々な特典が利用できる

マイルはポイントカードと同じなので、マイルを貯めることによって様々な特典を利用することが出来ます。

一般的に利用することが出来る特典は下記の4点となります。

  • 航空券を無料で購入できる
  • 座席のアップグレード(エコノミーからビジネス、ビジネスからファーストなど)が出来る
  • SuikaやWAON、楽天EdyやTポイントなどの電子マネーに交換できる
  • マイルを商品に交換することが出来る

スーパーや家電量販店のポイントが商品購入時の割引にしか使えないことが多いことから考えると、マイルポイントというのは使える幅も多くなっていますので、利用者にとってのメリットが多いと思われます。

なお、これらの特典については、マイレージを運営している航空会社によって異なりますので、マイルを貯める前には、どの航空会社の特典が良いのかということを調べておく必要があります。

 

JALマイルとANAマイルのどちらを選べば良いのだろうか?

JALマイルとANAマイルのどちらを選べば良いのか分からないという人も多いです。

これは、どちらが優れているのかという内容ではなく、どちらのほうが利用者の生活スタイルに合っているのかという問題になっていますので、状況に合わせて貯めるマイルを選ぶことがポイントになっています。

下記の表ではJALマイルとANAマイルの特徴を一覧で紹介していますので、自分に合ったマイルを貯めると良いでしょう。

特徴/マイルの種類 JALマイルポイント ANAマイルポイント
特定航空券の交換に
必要なマイル
比較的少ない 比較的多い
マイルを貯める手段 飛行機に搭乗することによってボーナスポイントが付与される。 飛行機への搭乗以外にポイントを貯める手段が多い。
マイルポイントの還元率 搭乗によるポイント還元率は高く、その他の手段に関しては低い。 搭乗によるポイント還元率は低いが、その他の手段に関しては比較的高い。
マイルの有効期限 マイルを獲得した月から原則36ヶ月。 マイルを獲得した月から原則36ヶ月。
ただし、SKYコインという電子クーポンに交換した場合は、最大で48ヶ月間有効。
また、使用しているクレジットカードによって、無期限のマイレージプログラムもある。

これらのことから分かるように、頻繁に航空会社を利用する機会が多い場合はJALマイルのメリットが多くなっていて、日常生活の利用でマイルを貯めたいという場合はANAマイルの方が優れているということになります。

 

使用者の環境によって最適なクレジットカードは異なる

マイルを貯めるのにも最適なクレジットカードというのは異なります。

こちらでは、マイルを貯めやすいクレジットカードについて紹介していきます。自分の環境に合わせて最適なクレジットカードを選ぶことが大切です。

 

日常生活の中でもマイルを貯めることが出来るANA VISA Suicaカード

ana-visa-suica

ANA VISA Suicaカードというのは、VISAの加盟店で使用することが出来るクレジットカードです。

このカードの特徴としては、Suicaにチャージをするだけでマイルを貯めることが出来るということにあります。

Suicaにチャージした場合の還元率は1%となっていますが、その他にもカードを使って支払いをすることでワールドプレゼントポイントというポイントを貯めることが可能で、そのポイントをマイルに交換することも可能になっていますので、全てを合わせて貯めることによってマイルへのポイント還元率を高めることが出来ます。

貯まるマイルポイントについては、クレジットカードの名前にもあるように、ANAマイルが貯まるということになります。

 

頻繁に空港を利用するのなら、AMEXスカイトラベラーカード

amex-sky-traveler

AMEXスカイトラベラーカードというのは、マイルを貯めるまたはマイルを使うことに特化しているクレジットカードとなっています。

AMEXスカイトラベラーカードを使用した場合のマイルを貯める方法というのは、通常のクレジットカードと同じように使用することによって使用した金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まるようになっています。

その貯まったポイントを使用したい航空会社のマイルに交換することによってマイルを使用することが出来るということになります。

ポイントを移行できる航空会社については、全世界を合わせて15社となっていて、日本では有名なJALやANAも当然のことながら15社の中に入っていますので安心して下さい。

ポイントの還元率は1%となっていますが、AMEXスカイトラベラーカードが提携している航空会社を利用した場合はマイルの還元率が3倍になっていますので、効率よくマイルを貯めることが出来ます。

また、ポイントに有効期限がありませんので、言い換えるとマイルポイントの有効期限が無いということにも繋がるために、使い勝手の良いクレジットカードとなっています。

 

JALマイルを貯めるならJALカード一択!

jal-card

JALマイルを貯めるのに最適なクレジットカードと言えば、JALカード一択になっています。

JALカードというのは、JALが運営しているクレジットカードとなっていて、様々な状況でJALマイルが貯まることになります。

最もオトクになっているのは、JALカードに入会をして初搭乗時にもらえるボーナス(1,000マイルもしくは5,000マイル)と、その年の初搭乗時ボーナス(1,000マイルもしくは2,000マイル)となっています。

もらえるボーナスポイントの違いについては、入会しているカードのグレードによって異なるということになります。

また、JALカードを使ってショッピングをした場合に、通常は還元率が1%になっていますが、JALカード特約店で買物をすることによって還元率が2%になります。

PASMOやWAONなどの電子マネーにチャージをするだけでポイントを貯めることも出来ますので、様々な場所で利用することが出来るということに繋がります。

 

ANAマイルを無期限に貯める事が出来るANAアメリカン・エキスプレスカード

ana-amex

ANAマイルを貯める場合は、ポイント還元率が低くなっているカードが多いために、マイルの有効期限が大切な要素になっています。

そこでオススメするのが、ANAアメリカン・エキスプレスカードとなっていて、このカードの優れているポイントというのは、ANAマイルを無期限に貯めることが出来るということにあります。

ANAマイルの有効期限というのは、原則として36ヶ月になっていますが、ANAアメリカン・エキスプレスカードを使用した場合は、この有効期限が撤廃されますので、永久的にマイルを貯めることが出来るということになります。

そのため、5年でも10年でもマイルを貯め続けることが出来るために、長距離航空やハイクラスのシートを無料で利用することが出来るということに繋がります。

 

 

いかがだったでしょうか?

マイルというのは難しく考える必要が無いということがよく分かったと思われます。

確かに、航空会社を利用する頻度が少ないという方の場合は、得られるメリットも少ないかもしれませんが、電子マネーに交換をしたり商品に交換したりすることによって他のポイントサービスよりも特典が多くなっています。

そのため、マイルを貯めるというのは、日常生活を豊かにするための手段の一つに繋がっているということになります。

当サイトについて

クレジットカード付帯の海外保険について、活用のコツや注意点を徹底ガイド。旅行会社や空港で無駄な保険に入る必要はないことを証明しています。年会費無料のお得なカードから、子供連れでも家族全員が補償されるゴールド・プラチナカードまでカードの海外旅行傷害保険を比較し、メリット豊富なおすすめカードもご紹介します。
PAGETOP