2016年の海外保険付きクレジットカード徹底比較

MENU

海外での病気の治療費はいくらかかる?


l_174渡航先にもよりますが、日本と海外では医療制度は大きく異なります。
どれほどの額がかかるのか、なぜ高いのかを知り、事前に備えることが大切です。

 

医療はサービス

公的保険があり医療は誰でも平等に受けられる日本と違い、海外では「医療はビジネス・サービス業である」という考え方が一般的です。

そのため、海外保険の加入などで現地の医療機関に対して支払い能力が保証できない場合、設備が十分な医療施設に掛れないことがあります。
場合によっては、まったく治療を受けられない可能性もあります。

たとえば、日本では緊急時に無料で使える救急車ですが、アメリカでは基本料金+走行加算で5万円ほどかかります。公営の救急車は無料の国でも、民間の有料救急車を使う場合には数万円の費用が必要です。

また、入院費も日本に比べて2〜5倍ほどかかる国があり、個室しかない病院も少なくありません。夜間など緊急の対応には別途の経費をとられることもあります。特に欧米では費用が高額になります。

アジア諸国は日本とさほど変わらないようにも感じますが、治療内容によってはやはり高額請求もあり得るでしょう。

 

実際に海外で必要になる治療費用まとめ

以下、各都市の盲腸手術・骨折時の治療費用を表にまとめてみましたので参考にしてください。

  盲腸手術の治療費
(総費用)
骨折の治療費
(橈骨末端閉鎖性骨折)
日本 400,000円 15,000円
ロサンゼルス 1,624,400~2,165,800円 65,000円
ハワイ 2,560,000円 46,600円
ロンドン 1,302,800~1,737,100円 43,400円
パリ 860,500円 50,300円
ローマ 1,217,600円 167,200円
上海 112,500円 37,500円
シンガポール 154,800~773,800円 13,900~19,300円
バリ 831,600~884,400円 66,000円
ゴールド
コースト
1,021,100円 40,800円

(ジェイアイ傷害火災保険調べ)

盲腸治療が高額なのはハワイ、骨折治療が高額なのはローマとなっています。

他にも、お風呂で転倒して骨折する、観光地で車にひかれる、飛行機での長距離移動で血栓症になるなど、いろいろなケースが考えられます。

日本とは違う気候風土や食事、時差、移動や観光の疲れ、また登山やウォータースポーツ、ウィンタースポーツなどのアクティビティも多く、トラブルの原因は数え切れません。楽しい旅行の最中、もし数十万〜数百万の治療費がかかることとなったら大変ですよね。

支払いはともかくとして最悪の場合、上記に書いたとおり、支払い能力を証明できないと適切な治療さえ受けられず、より悪化してしまう可能性もあります。異国の病院に入院するとなったら、日本から家族を呼び寄せる必要もあるでしょう。

それらの不安を考えると、海外旅行保険は必ず入っておきたいものです。

 

カード付帯保険でも十分にカバー可能

これまでで、海外での治療費は高いということは理解いただいたと思います。

それでも、仮に運悪く医療費の高いハワイへの旅行で盲腸と骨折で2度も入院したとしても、実は「究極カード」なら2枚の組み合わせで十分にカバーできる金額(400万円)です。

補償額をグレードアップして、有料の加入型保険にも負けない備えをしておきましょう。

当サイトについて

クレジットカード付帯の海外保険について、活用のコツや注意点を徹底ガイド。旅行会社や空港で無駄な保険に入る必要はないことを証明しています。年会費無料のお得なカードから、子供連れでも家族全員が補償されるゴールド・プラチナカードまでカードの海外旅行傷害保険を比較し、メリット豊富なおすすめカードもご紹介します。
PAGETOP