「アメリカン・エキスプレス」は、ほかのクレジットカードブランドとは一線を画する存在です。

何よりもステータス性が高く「一枚は持っておきたい!」という人も多いのではないでしょうか。

提携カードなら年会費無料のものもありますが、本当にステータス性が高いのはアメリカン・エキスプレスが発行しているカードです。

例えば一般カード(グリーンカード)でも、そのサービス内容はほかのゴールドカードを超えるほど。

今回紹介する7枚のカードは、どれもアメリカン・エキスプレス発行のカードです。

海外旅行で便利・安心なサービスを中心に、各カードの特徴をご紹介しますので、自分にぴったりのカードを見つけてみてください。

 



家族の保険やショッピングプロテクションは全カードに

今回紹介する7枚のカードには、共通で付いているサービスがありますので先にご紹介しておきましょう。

  • 海外旅行保険は家族の分まで補償
  • 日本国内・ハワイ・韓国の空港ラウンジ利用
  • 手荷物無料宅配サービス(往復・または空港からの片道)
  • 旅行先での日本語サポート
  • ショッピングプロテクション(購入後90日間の破損や盗難を年間500万円まで補償)
  • 会員限定イベントへの招待

これらは他社ではゴールドカードやプラチナカードのサービス内容ですが、どのカードにも付いているというのはアメリカン・エキスプレスならではですね。

それでは、個別に各カードの特徴を見ていきましょう。

 

ゴールドカードレベルのサービスが充実した「アメリカン・エキスプレス・カード」

icon-chevron-circle-right アメリカン・エキスプレス・カード

年会費 12,000円+税

アメリカン・エキスプレスのカードというと、このグリーンのカードデザインが有名ですよね。歴史ある伝統のカードです。

どんな人におすすめのカード?

少額の利用でポイントが貯まる(100円ごとに1ポイント)から、毎日のショッピング用にも利用したいカード。さらには充実した毎日を送れるよう多彩なエンターテイメントサービスも充実。定期的に映画や観劇などを楽しみたい人にもぴったり。

また海外旅行の際も、空港ラウンジの利用や手荷物宅配サービスなど、快適優雅に楽しめるサービスが付いています。海外旅行が趣味、と言う人にもおすすめです。

海外旅行保険は利用付帯

事故死亡・後遺症 5,000万円
傷害・疾病治療 100万円
携行品損害 30万円
救援者費用 200万円
賠償責任 3,000万円
傷害・疾病治療(家族) 100万円
携行品損害(家族) 30万円
特記事項 海外旅行保険は利用付帯

海外旅行保険は利用付帯。事前に旅行代金等をカードで支払うと保険適用になります。

利用する可能性の高い、傷害・疾病治療費が100万円、と少し補償額が低めなのが残念です。海外旅行の際は、ほかの保険への加入か、別のカード保険で補償を上乗せするのがおすすめです。

上級の空港ラウンジが格安で利用可能

国内外1000カ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」に無料で登録できるのが高ポイント。一般のラウンジよりも上級のラウンジで、待ち時間を楽しく優雅に過ごせます。(利用料は27ドルかかります)

また、スーツケース1個を無料で配送してくれる「手荷物無料宅配サービス」が往復でついているのも嬉しい点です。

そのほか、空港パーキングを割り引きで利用できるサービスなど、海外旅行の際には充実のサービスが受けられます。

エンターテイメントのサービスが充実

そのほか、ゴルフのコースを予約してくれる代行サービスや、新国立劇場や、ジャズ・ソウル等のアーティストが出演するクラブ「コットンクラブ」で特典が受けられたり、チケット販売サイト「イーチケット」では様々なエンターテイメントのチケットを先行で購入できるサービスも。

趣味の幅を広げ毎日の生活を充実させてくれるサービスが盛りだくさんです。

 

さらにワンランク上のサービスとステータス「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」

icon-chevron-circle-right アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費 29,000円+税

アメックス・ゴールド=憧れのカード、という人も多いのではないでしょうか。

最近では年会費の安いゴールドカードがたくさん発行されていますが、一目でわかるこのアメックス・ゴールドのステータス性は抜群です。

国内はもとより海外でも、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを出したら丁寧に対応してもらえた」など、信頼の証となっています。

どんな人におすすめのカード?

各種優待や旅行・エンターテイメントサービスが充実した内容で上質な暮らしを楽しめるカードです。

アメックスの一般カード(グリーンカード)よりワンランク上のエンターテイメントや趣味に時間をかけたい人に、海外旅行が大好きで頻繁に旅行をする人におすすめしたいカードです。

一般の海外旅行保険が必要ないほどの補償額

事故死亡・後遺症 1億円
傷害・疾病治療 300万円
携行品損害 50万円
救援者費用 400万円
賠償責任 4,000万円
傷害・疾病治療(家族) 200万円
携行品損害(家族) 50万円
特記事項 海外旅行保険は自動付帯。旅行代金の支払いをすると補償額がアップ。

事前に旅行代金等をカードで支払っているかどうかで保険の補償内容が変わるので注意が必要です。カード支払いしていれば申し分ない補償内容になっています。

またこのゴールドカードは家族カードが1枚年会費無料で作れるのも大きな利点。
もちろん、旅行に同行する家族も安心の補償が受けられます。

上級ラウンジを無料で利用可能

国内外1000カ所以上の上質な空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」に本人はもちろん、家族カード会員も無料登録できます。しかもゴールドカードは、年間2回まで無料でラウンジ利用が可能。空港での待ち時間を楽しく優雅に過ごせるのが嬉しいですね。

そのほか、スーツケース1個を無料で配送してくれる「手荷物無料宅配サービス」(往復利用可能)や、空港パーキングを割り引きで利用できるサービスなど、旅を便利に楽しくしてくれるサービスが充実しています。

レストランでの割引特典が豊富

一般カード(グリーンカード)のサービスに加えて、なかなか手に入らない貴重なワインの紹介等のサービス「ゴールド・ワインクラブ」や、公開前の映画の試写会に参加できる「メンバーシップ・プレビュー」、レストラン優待など、更に充実したエンターテイメントサービスを提供してくれます。

特に人気なのは「ゴールド・ダイニングby招待日和」。指定ダイニングで2名分のコース料金が、1名分のコース料金で楽しめるという、かなりお得で価値あるサービスです。

 

航空会社に縛られず各社のマイルが3倍たまる「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」

icon-chevron-circle-right アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

年会費 10,000円+税

対象航空会社27社の航空券や対象旅行代理店15店の指定旅行商品の購入で、ポイントが3倍(100円=3ポイント)貯まるカードです。

どんな人におすすめのカード?

旅好きの人に、仕事で海外へ渡航することが多い人に。
航空会社にこだわりがなく、年間の渡航回数が多い人におすすめしたいカードです。

海外旅行保険はまあまあ

事故死亡・後遺症 2,000万円
傷害・疾病治療 100万円
携行品損害 30万円
救援者費用 200万円
賠償責任 3,000万円
傷害・疾病治療(家族) 100万円
携行品損害(家族) 30万円
特記事項 海外旅行保険は利用付帯

海外旅行保険は利用付帯なので、事前にカードで旅行費用の決済が必要です。

保険内容としては、ただ少し物足りなさが残る内容。

というのも、傷害・疾病の補償額が100万円しかありません。海外では医療費が高額なので、200万円は備えたほうが万全です。

マイルが貯まるので、海外旅行用として保有したいカードですが、こと保険に関しては、別の保険付帯のカードも持って行き補償内容を上乗せするのがおすすめです。

手荷物・航空便遅延の補償サービスは貴重

渡航機会が多い人にはうれしい「手荷物紛失・遅延補償」と「航空便遅延補償」サービスが付いています。旅行に行く機会が多い人ほど、トラブルに遭遇する回数も多くなります。もしもの時に安心ですね。

しかしその反面、一般カード(グリーンカード)には付いている、無料ポーターサービスや空港クロークサービスなどはこちらのカードには付いていません。

安心・安全に備えるサービスはプラスして、快適に過ごすための贅沢なサービスは抑えめにしている印象です。

マイラーのためのカード

海外旅行に付随するサービス以外については、アメックスのカードとしては特典が少なめです。

グリーンの一般カードやアメックスゴールドカードのように、毎日の生活も充実させてくれるカードとは違い、はっきりとマイルを貯めるカード、という点に特化したカードと言えるでしょう。

 

航空会社に縛られず各社のマイルが5倍もたまる「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」

icon-chevron-circle-right アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

年会費 35,000円+税

対象航空会社27社の航空券や対象旅行代理店15店の指定旅行商品の購入で、ポイントが5倍(100円=5ポイント)貯まるカードです。

マイルを貯めることに特化した、スカイ・トラベラー・カードのゴールドカード版、という位置付けです。

どんな人におすすめのカード?

年会費が3万5千円と高額ですが、年間で50万円以上公式サイトや空港カウンターで航空券を購入する人には、マイルの獲得ポイントを考慮すると十分年会費分はペイできるカードです。

貯まったマイルは有効期限が無期限なので、1ポイント1円として次の旅行で利用が可能。

年間何度も海外に行く旅行好きの人に。仕事で海外出張が多い人に。世界中を旅する人におすすめしたいカードです。

海外旅行保険はまあまあ

事故死亡・後遺症 5,000万円
傷害・疾病治療 100万円
携行品損害 30万円
救援者費用 200万円
賠償責任 3,000万円
傷害・疾病治療(家族) 100万円
携行品損害(家族) 30万円
特記事項 海外旅行保険は利用付帯

他のアメックスのカード同様、こちらも利用付帯になっています。

年会費が3万5千円にも関わらず、補償内容が物足りないのが残念。一番使う可能性が高い、疾病・治療費が100万円しかありません。

海外の医療費は日本と比較すると驚くほど高額です。例えば盲腸で入院なんてことになったら150万以上かかることも。200万円は備えておきたいので、旅行保険用には他のカードも持って補償額を上乗せするのがおすすめ。

手荷物・航空便遅延の補償サービスで安心

こちらもスカイ・トラベラー・カード同様、「エアポート送迎」、「無料ポーター」、「空港クローク」サービスといった快適に旅行を楽しむサービスは省き、その代わりにもしもの時に安心な「手荷物紛失・遅延補償」、「航空便遅延費用補償」サービスが付いています。

どこまでもマイルに特化したカード

こちらもスカイ・トラベラー・カード同様、エンターテイメントサービスなどはそれほど充実していません。あくまで、マイルを早くお得に貯めるためのカード、と言えるでしょう。

 

国内外のホテルで優雅な時間が味わえる「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」

icon-chevron-circle-right スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

年会費 31,000円+税

このカードの最大の特徴は、世界約100ケ国・1,300以上のホテルでスターウッド プリファード ゲスト「ゴールド会員資格」を獲得できる点です。

レイトチェックアウト時間の延長が可能だったり、チェックイン時の空き状況でより良い部屋にアップグレードしてもらえたり、チェックイン時にウエルカムギフトがもらえたりと、ホテル滞在時に数々の特典を利用できます。

また、毎年カード継続時にSPGホテル無料宿泊券ももらえますが、利用できるホテルには豪華ホテルも含まれており、その宿泊代だけで年会費分がペイできることも。

どんな人におすすめのカード?

国内外問わず旅行することが多く、旅行ではホテルを重視する人。滞在中は、最高レベルのサービス・サポートで贅沢な時間を過ごしたい人におすすめのカードです。

海外旅行保険は申し分なし

事故死亡・後遺症 1億円
傷害・疾病治療 300万円
携行品損害 50万円
救援者費用 400万円
賠償責任 4,000万円
傷害・疾病治療(家族) 200万円
携行品損害(家族) 50万円
特記事項 海外旅行保険は自動付帯。旅行代金の支払いをすると補償額がアップ。

海外旅行保険の内容については、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」と同等レベル。事前に旅行代金等の支払いにカードを利用すれば(利用付帯)という条件は付きますが、申し分ない内容です。

空港ラウンジ以外の海外サービスはほとんど付いている

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードと比べて、上級ラウンジが使えるプライオリティパスの特典がない一方で、ほかのサービスはより充実しています。

無料ポーターサービスや、空港クロークサービスなどに加えて、手荷物紛失・遅延補償、航空便遅延費用補償も付いていて、空港でも、優雅で快適な時間を過ごせるようサポートしてくれます。

 

ANAマイラーにおすすめ!搭乗でもショッピングでもマイルが貯まる「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」

icon-chevron-circle-right ANAアメリカン・エキスプレス・カード

年会費 7,000円+税

普段のショッピングなどの利用で、100円につき1ポイントと貯まり、貯まったポイントは1,000ポイント(=1,000マイル)単位でANAマイレージクラブのマイルに移行が可能です。

ANAグループでの利用では、通常の1.5倍マイルが貯まり、またフライトボーナスとして、ANAグループ便の利用では、通常のフライトマイルにプラスして、搭乗ごとにボーナスマイル(区間基本マイレージの+10%)がもらえます

ANA国内線に搭乗の際にはスキップ予約(予約・購入・座席指定)可能で空港での搭乗手続きが不要なのも高ポイントです。

どんな人におすすめのカード?

毎日の生活でもANAマイルに移行可能なポイントが貯まるので、旅好きのANAマイラーにおすすめのカードです。

海外旅行保険はそこそこ

事故死亡・後遺症 3,000万円
傷害・疾病治療 100万円
携行品損害 30万円
救援者費用 200万円
賠償責任 3,000万円
傷害・疾病治療(家族) 100万円
携行品損害(家族) 30万円
特記事項 海外旅行保険は利用付帯

アメックスの中では年会費が安いカードながら、その補償内容は決して悪いものではありません。

ただ旅行先で一番使う可能性が高い、疾病・傷害治療費が100万円と少し足りない補償額(海外での治療費等は驚くほど高額になることがあるので、200万円は備えたいところ)なので、足りない分は、他の保険付帯のカードを持って、補償額を上乗せするのが良さそうです。

海外旅行サービスは最低限

こちらも、空港ラウンジの利用と手荷物無料宅配サービス(帰国時のみ)など、最低限付いていて欲しいサービスは付いていますが、他のアメックスのカードと比較するとかなり少なめです。とは言え、年会費を考えると、満足レベルではないでしょうか。

特にアメックス一般カードに見られるような充実したエンターテイメント等のサービスはほどんど付いていません。ANAマイルを貯めるためのカード、という特徴が際立ったカードです。

 

デルタの上級会員になれてマイルがどんどん貯まる「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」

icon-chevron-circle-right デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

年会費 12,000円+税

デルタ航空と提携発行するカードで、100円利用ごとに、通常1マイルが貯まります。

デルタ航空での利用では、通常の2倍マイルが貯まり、カード入会・継続ボーナスマイルがもらえるなど、スカイマイル特典が満載のカードです。

しかし、なんと言っても最大の特徴は、デルタ航空スカイマイルの上級会員資格「シルバーメダリオン」がカード入会で自動に付与されることです。
優先チェックインや優先搭乗、優先空席待ち等々、数々の特典を受けることができます。

どんな人におすすめのカード?

デルタ航空をよく利用し効率よくマイルを貯めたい人、デルタ航空で最高レベルのサービスを受けたい人におすすめのカードです。

海外旅行保険はそれなり

事故死亡・後遺症 5,000万円
傷害・疾病治療 100万円
携行品損害 30万円
救援者費用 200万円
賠償責任 3,000万円
傷害・疾病治療(家族) 100万円
携行品損害(家族) 30万円
特記事項 海外旅行保険は利用付帯

アメックスの一般カード(グリーンカード)と同等レベルの補償内容。

同じく利用付帯で、疾病・治療費が100万円の補償がなのが残念な点です。
こちらも、海外旅行の時には、他の保険付帯のカードも一緒に持って、補償額を上乗せ出来るようにしたいですね。

海外旅行サービスは一般カードと同じ

こちらについても、空港ラウンジ「プライオリティパス」はもらえませんが、それ以外はほぼ一般カード(グリーンカード)と同じ内容で、充実したサービスを受けられます。

エンターテイメント等のサービスは特に充実しておらず、デルタ航空のマイルを効率よく貯め、デルタ航空利用の際に最高レベルのサービスを受けられるカード、といった位置付けです。

 

アメックス7種の特典内容 比較一覧表

年会費や保険内容、ラウンジ、マイルまで、比べるポイントがたくさんあってどれを選べばいいのか悩んでしまいますね。

この記事の制作にあたってアメックス各カードの特典をまとめた比較表のPDFを公開しますのでお使いください。(2018年3月現在の内容)