2018年の海外保険付きクレジットカード徹底比較

目次を開く

クレジットカードを活用して、海外旅行保険いらずに

  • HOME »
  • クレジットカードを活用して、海外旅行保険いらずに

海外旅行保険にお金をかけて入らなくても、年会費無料のクレジットカードを上手に活用すれば大丈夫。海外旅行保険の内容とコスパで厳選した、おすすめのクレジットカードをご紹介します。

icon-chevron-circle-down おすすめカードを今すぐチェックする icon-chevron-circle-down

海外は医療費が高いから、カード付帯の海外旅行保険じゃ足りないって聞いたけど…?

その答えは、半分は正解、半分はウソです。

海外では確かに、日本では考えられないほど医療費が高い国が多くあります。特に高額になった事例をご紹介しましょう。

  盲腸手術の治療費
(総費用)
骨折の治療費
(橈骨末端閉鎖性)
ハワイ 256万円 4.6万円
ローマ 122万 16.7万円

これだけ高いからこそ、海外旅行保険は何よりも「ケガ・病気の治療費の補償額」が大切と言えるわけです。(傷害死亡・後遺障害の補償額が高額で目立ちますが、あまり重要ではありません)

旅行会社の方は「カードの保険は補償額が低いので安心できない」とよく言いますが、それは保険契約してもらうためのセールストーク。すべてのカードには当てはまりません。

クレジットカード付帯の保険は不十分なものも多いのは確かです。ですが、かしこく活用すれば、クレジットカードだけでも十分な補償額を実現できるのです

カードの保険は治療費の補償額を合算できる

クレジットカードの海外旅行保険では、複数のカードを持っている場合、治療費用の補償額を合算できるという特長があります。(携行品損害や救援者費用も合算されます)

つまり海外旅行保険が自動付帯するカードを複数枚持っておけば補償額が上乗せされ、充実した保険内容にできるということです。

たくさん持っておくほど安心ということになりますが、とはいえ10枚も20枚もカードを持つのは面倒です。

そこで、当サイトでは以下の情報をもとに、「治療費の補償額300万円」を実現できば海外旅行保険は十分と結論づけました。

  • 大手旅行会社JTBが高額事故として公表しているのは、治療費用と救援者費用を合わせて300万円を超えたケース。
  • 旅行者の統計(法務局)から試算すると、65歳未満なら300万円を超える確率は、約3万回の旅行で1回
  • 救援者費用だけで100万円以上かかるケースも多いため、実際は約3万回の旅行で1回よりもずっと低い確率

年会費無料で海外旅行保険が充実したカードがある

クレジットカードの保険は、そもそも付いていなかったり、付いていても治療費の補償額が低いもの、旅行のツアー代金を支払わないと有効にならないものなど、さまざまです。

その中でも、年会費無料でも十分な補償額が付いているものがいくつかあります。

  • 持っているだけで保険が適用される(保険が自動付帯)
  • 治療費の補償額が200万円以上
  • 年会費が無料

という条件をすべて満たす、貴重なクレジットカードがこの3枚です。

8,000円分プレゼントは残り18日!11/5まで 
エポスカード
epos-silver 公式サイトへ
特徴
最優先の一枚。一番大切な疾病治療の補償額はゴールドカード並みの270万円で、年会費無料カードでNo.1。1万店以上で優待・割引が受けられる。
年会費 付帯
無料 自動付帯
治療費用 救援者費用
疾病270万円・傷害200万円 100万円
5,000円分プレゼント中!(今だけ)
REXカード
公式サイトへ
特徴
充実した海外旅行保険に加え、1.25%という高水準のポイント還元率が魅力。毎日のメインカードとして使える万能カード
年会費 付帯
無料 自動付帯
治療費用 救援者費用
200万円 200万円
6,000円分プレゼント中!(10/31まで) 
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス
公式サイトへ
特徴
26歳まで年会費が無料なので、25歳以下の方ならベスト。治療費補償が300万円と高く、スーツケースの無料宅配サービスまでついている。
年会費 付帯
3,000円(26歳まで無料) 自動付帯
治療費用 救援者費用
300万円 200万円

この3枚のうち2枚を持っていれば、治療費の補償額は400万円以上(救援者費用も300万円以上)を達成できます。

クレジットカードの保険は、持っている間に何回旅行に行ってもずっと有効です(一度の旅行で90日間まで)。

海外旅行保険料を大幅に節約できるので、海外旅行する人はぜひクレジットカードを有効活用しましょう。

家族の分まで補償される初年度無料のゴールドカードも

ゴールドカードやプラチナカードの一部には、配偶者や子供の分まで保険が適用される「家族特約」が付いています。

1枚持っておくだけで家族全員が補償され、まさに海外旅行保険いらずになるのはとても便利です。

ゴールドカードというと高額な年会費がかかるイメージがありますが、「初年度無料」で家族の保険に対応しているゴールドカードがあります。

初年度無料&6,000円分プレゼント中(10/31まで)
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
公式サイトへ
特徴
本人はもちろん、家族・子供の治療費300万円という万全の補償額。手荷物・航空機遅延の補償まで付いている。空港からのスーツケース無料宅配特典(一度の利用で2,360円~相当)も便利でおすすめ。
年会費 付帯
10,000円(初年度無料) 自動付帯
治療費用(家族) 治療費用(本人)
300万円 300万円
その他の特典
●手荷物遅延補償 ●航空機遅延補償
●空港からの手荷物無料宅配 ●ショッピング保険

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスは、家族旅行の保険に一番おすすめできるカードです。

1枚持っておくだけで、家族全員300万円という十分な補償額を実現できます。2年目からの年会費は10,000円ですが、一般の保険に入ることを考えると、数年に一度家族で旅行すれば元が取れます。

帰国して疲れている時に、重いスーツケースを空港から無料で宅配してもらえるのも、本当にありがたいです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス以外にも、初年度無料ではありませんが、格安の年会費で家族の保険に対応するカードがあります。

ミライノカードGOLD
ミライノカードGOLD公式サイトへ
特徴
3,000円の格安年会費ながら、本人の治療費用は500万円、家族・子供の治療費も250万円という驚きの補償額。住信SBI銀行の利用者は還元率1%。
年会費 付帯
3,000円 自動付帯
治療費用(家族) 治療費用(本人)
250万円 500万円
その他の特典
●海外ショッピング保険

「ミライノカードGOLD」の海外旅行保険は本人の治療費が500万円で、年会費3万円のプラチナカードを超えるほどの充実度です。

欠点としては、審査がかなり厳しいことと空港ラウンジが使えないことです。

また、家族・子供の補償額が250万円で、目標の300万円に50万円足りないところも惜しい点です。

250万円でもほぼ十分と言えますが、しっかりと不足分を補完するならぴったりなのが、次のUCSカード

海外旅行保険はもともと付帯してないのですが、オプションの「UCS旅とくプラス(年間1000円)」に入れば、ゴールドカードのように家族全員に海外旅行保険の補償を付けられる、非常に貴重なカードです。

UCSカードの旅とくプラス
※現在別デザイン(MD)のみ申込可能
キャプチャ公式サイトへ
年会費 付帯
1,000円(カード年会費は無料 自動付帯
治療費用(家族) 治療費用(本人)
100万円 100万円
携行品損害(家族) 携行品損害(本人)
20万円 20万円

1000円の手頃な料金で、家族全員の治療費補償100万円を追加できます。

カードの年会費自体は無料なので、海外旅行するときだけの支払いで済むのも大きなポイント。

ミライノカードGOLDとUCSカードの旅とくプラスを合わせれば、家族の治療費350万円(本人は600万円)でしっかりと備えられます。

コストは2枚合わせても年間4000円という格安さです。

ぜひクレジットカードの保険を有効活用して、海外旅行をお得に楽しんでください。


PAGETOP