アピタ・ユーホーム、ビアゴで特典があるUCSカード。
「UCS旅とくプラス」に登録すれば海外旅行保険が付帯に。

年会費 無料
国際ブランド VISA/Master/JCB



UCSカードのメリット

アピタ・ユーホームでは、毎月19・20日が5%OFF、ピアゴでは、毎週金曜日が5%OFFでお買い物ができるUCSカード。
また200円利用ごとに1点ポイントがたまり、たまったポイントは商品券などと交換が可能です。

かわいいマイメロディがデザインされた、「UCSカード マイメロディ」を選べば、たまったポイントをマイメロディグッズとも交換できます。

海外旅行保険は年会費1080円の「UCS旅とくプラス」

保険については、残念ながら国内旅行も海外旅行も付いていません。

年会費無料のカードですが、年会費を1080円(税込)を支払うと、「UCS旅とくプラス」というのに登録でき、国内旅行保険が利用付帯、海外旅行保険が自動付帯となります。

UCS旅とくプラスに登録した場合の海外旅行保険内容を、当サイトで紹介しているその他の年会費無料の究極旅行保険カードと比較してみましょう。

  UCSカード 旅とくプラズ登録(年会費1080円) 究極旅行保険カード
事故死亡・後遺症 1,000万円 2,000万円
傷害・疾病治療 100万円 200万円
携行品損害 20万円 20万円
救援者費用 100万円 200万円
賠償責任 2,000万円 2,000万円

使う可能性の高い、傷害・疾病治療が100万円というのが正直ちょっと不安です。
海外では治療費が高く、入院で200万かかった、という事例は少なくありません。

ただ家族特約がついているのが嬉しい点です。カード会員だけではなく、会員の家族全員が補償されるので、そこは良いところでしょうか。

ですがさきほども言いましたが、決して十分な補償内容ではありません。
家族特約が必要でしたら登録しても良いかもしれませんが、必要でないようでしたら、年会費無料でも海外旅行保険が充実したカードがありますので、そちらのカードの保有をおすすめします。

更に言うと、治療費などの補償金額はカードが2枚あれば合算されるので、海外保険が付帯されたカードは2枚保有すると安心です。

当サイトで、年会費無料で充実した保険内容のカードをご紹介していますので、参考にしてみてください。

icon-chevron-circle-right「年会費無料」の海外旅行保険付きカード ベスト4