uc-gold
UCブランドのゴールドカード。発行するクレディセゾンのカードとサービス内容はほぼ共通していて、永久不滅ポイントが特徴です。
年会費・サービス・補償とゴールドカードの一般的なラインは満たしているようですが、これといった魅力はありません。

クレディセゾンが発行するUCカードゴールド。サービスや補償についてはセゾンカードと共通する点が多いです。永久不滅ポイントもその一つで、カード利用などで得たポイントは無期限で貯められ、プレゼントと交換したり、ショッピングで使用できたりします。

UCカードゴールドは、枚数制限なく無料で家族カードが発行できます。永久不滅ポイントは家族カード分も合算されますから、家族も利用するとポイントが早く貯まるでしょう。他のゴールドカードでは無料の家族カードには枚数制限があるものが多いので、この点は魅力かもしれません。
しかし、それ以外には特筆すべきメリットはありません。

海外旅行保険は、自動付帯、家族特約付きとゴールドカードの一般的なレベルになっています。
空港ラウンジサービスも国内だけでなくハワイ・韓国と利用できますが、年会費1万円なら、もっとコスパの良いカードは他にあります。

海外旅行保険の補償額について、当サイトのおすすめである「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」と比較してみましょう。

  UCカードゴールド セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
年会費 10,000円 10,000円(初年度無料)
傷害・疾病治療 200万円 300万円
傷害・疾病治療(家族) 200万円 300万円
携行品損害 50万円 30万円
携行品損害(家族) 50万円 30万円
空港ラウンジ 国内/ハワイ/韓国 国内/ハワイ
その他   ●航空機遅延補償(海外)
●手荷物遅延補償
●手荷物無料宅配

傷害・疾病補償に100万円の差があります。怪我や病気をしやすい子供連れの場合、補償額は多ければ多いほど安心です。
また、航空機遅延補償や手荷物遅延補償、手荷物無料宅配といった細かな点でも、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスの方が優れています。

もっとコスパを追求するならば、「三井住友VISAゴールド」も良い選択です。
UCカードゴールドと同等程度の補償内容で、年会費を4,000円まで抑えることが出来ます
詳しくは下記にて解説しています。

>>「子供も補償対象」の海外旅行保険付きカード ベスト3