smbc

SMBC CARDは、三井住友VISAカードにキャッシュカード機能も付いたものです。
基本性能は三井住友VISAクラシックカードと同じですが、条件をクリアすればATM手数料無料になるなど、独自のサービスも付加されています。

海外旅行保険の内容も、三井住友VISAクラシックカードと同等です。
そのため、こちらも決して優れたものとは言えません

まず、SMBC CARDの海外旅行保険は利用付帯です。
カードを持っているだけでは保険は適用されず、旅行代金や交通費をカードで支払った場合にのみ、保険を使えるようになります。

この利用付帯、「国内で事前に支払い」のみを対象とするカードもありますが、SMBC CARDの場合は出国後の利用でも対象となります。
国内で支払った場合は旅行開始から3ヶ月、出国後にカードを利用した場合にはカード利用から3ヶ月かつ旅行期間中に保険が使えます。
ただし、国外での利用も公共交通機関の支払いのみが対象で、ショッピングの支払いでは保険は適用されませんので注意が必要です。

保険の内容も、満足のいくものではありません
当サイトで紹介している年会費無料の究極旅行保険カードと比べてみましょう。

  SMBC CARD 究極旅行保険カード
事故死亡・後遺症 2,000万円 2,000万円
傷害・疾病治療 50万円 200万円
携行品損害 15万円 20万円
救援者費用 100万円 200万円
賠償責任 2000万円 2,000万円

死亡事故・後遺症や賠償責任の補償額は同じですが、この二つが使われることは確率的にあまりありません。
よって、この金額は保険選びにおいて重要ではないのです。

確率的に使用する可能性が高い、重要な項目は「傷害・疾病治療」と「携行品損害」です。
特に傷害・疾病治療費は高額になることが多く、なるべく手厚く備えておきたいところです。
例えば日本なら40万円程度の盲腸手術費が、アメリカでは150~250万円前後かかることもあります。
SMBC CARDの50万円では、到底足りません

傷害・疾病治療や携行品損害はカードを複数持っていれば、補償額を合算できます。
安心して旅行を楽しむために、もう一枚カードを用意しておくと良いでしょう。

>>「年会費無料」の海外旅行保険付きカード ベスト5