recruit_plus

リクルートカードプラスは、2%というポイント還元率を誇るカードです。
年会費が2000円かかることを考慮すると、年間122万円以上使う人にとっては最も還元率が高いカードとなります。

海外旅行保険の面で見ると、リクルートカードプラスはあまりコスパがよいカードとは言えません。
当サイトで紹介している年会費無料の究極旅行保険カードと比較してみました。

  リクルートカードプラス 究極旅行保険カード
事故死亡・後遺症 3,000万円 2,000万円
傷害・疾病治療 100万円 200万円
携行品損害 20万円 20万円
救援者費用 100万円 200万円
賠償責任 2,000万円 2,000万円

事故死亡・後遺症を3,000万円と高く設定しているため、詳しくない人は保険が充実したカードという印象を受けるかもしれません。

ですが、発生する確率を考えると「事故死亡・後遺症」の金額は無視してもいいほどのものなのです。
(保険のコストとしても100円程度です)

旅行で実際に発生する確率が高いのは「傷害・疾病治療」「携行品損害」です。
リクルートカードプラスは「傷害・疾病治療」が100万円で、究極旅行保険カードの半分の金額です。

海外では盲腸の治療で100万円以上かかる国も多いため、100万円の補償金額では不足していると言わざるを得ません。

治療費用などの保障金額は、カードが2枚あれば合算できます
ですから、旅行保険を充実させるために、年会費無料のカードを追加で持っておくのがおすすめです。

>>「年会費無料」の海外旅行保険付きカード ベスト5

また、リクルートカードプラスは海外で利用できる店舗が少ないJCBブランドのため、追加で持つカードはVISAかMasterブランドを選びましょう。