一般的な楽天カードより楽天市場でのポイント還元率がアップ!
海外旅行保険は利用付帯なのがマイナス点。

年会費 2,000円+税
国際ブランド VISA/Master/JCB



楽天ゴールドカードのメリット

年会費無料の楽天カード、年会費2,000円+税の楽天ゴールドカード、そして年会費10,000円+税の楽天プレミアムカード。
楽天市場以外での利用はポイント還元率はどれも1%ですが、楽天市場内では、楽天カードが4%に対し、ゴールドとプレミアムカードは5%とアップします。

また、こちらのゴールドカードでは、国内・一部海外の空港ラウンジの使用などのサービスがあります。

海外旅行保険は利用付帯で内容も楽天カード(一般カード)と同じ

海外旅行保険については、利用付帯となっています。
詳しい内容を、当サイトでおすすめしている「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」と比較してみましょう。

  楽天ゴールドカード セゾンゴールド・
アメリカン・エキスプレス
年会費 2,000円 10,000円(初年度無料)
傷害・疾病治療 200万円 300万円
傷害・疾病治療(家族) なし 300万円
携行品損害 20万円 30万円
携行品損害(家族) なし 30万円
空港ラウンジ 国内/ハワイ・韓国 国内/ハワイ
その他   ●航空機遅延補償(海外)
●手荷物遅延補償
●手荷物無料宅配

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスと比較すると、「傷害・疾病治療」も「携行品損害」も補償額が劣ります家族特約も付きません
同じゴールドカードとは言え、年会費がかなり違うので仕方ありませんが。

実はこの補償内容、楽天カード(一般カード)と同じです。
一般カードと違うのは、空港ラウンジが使えることぐらいでしょうか。
海外旅行保険だけで見ると、年会費を払ってゴールドを持つ理由ってないんです。
楽天でお買い物をよくするのでポイントをお得に貯めたい、という人にはゴールドカードもおすすめしますが、保険だけで考えれば一般カードで十分です。

ちなみに利用付帯とは、日本を出国する前に決済した空港に行くまでの運賃(電車・バス・タクシー)や、旅行費用(募集型企画旅行代金)を楽天カードで支払った場合のみ、旅行保険が適用となります、という意味です。
これ、気を付けてくださいね。出国前に決済されていないとダメです。例えば現地でホテル代を払っても適用になりません。
また、羽田や成田空港までの交通費をいざ当日払おうとしても、クレジットカードで切符を買えない駅って結構あります。
事前に調べて確実に適用されるようにして旅行に出かけましょう

また、一番使う可能性が高い「傷害疾病治療」の補償額が200万円なのは不安な点です。最低300万円程度は欲しいところです。
というのも、海外の医療費って本当に高額なんです。入院・手術なんてことになったら、200万円を超えることもあります。

じゃ、どうすれば良いか??答えは簡単です。
実は、治療費用などの補償額はカードが2枚あれば合算できるんです。
なので、もう1枚海外旅行保険が付帯されたカードを持っておくのをおすすめです。

年会費無料でも、保険内容が充実したカード(しかも自動付帯!)がありますので、楽天ゴールドをすでに持っている、もしくは作ろうと思っている人は参考にしてにください。

icon-chevron-circle-right「年会費無料」の海外旅行保険付きカード ベスト4

ちなみに、海外旅行保険で家族の補償(家族特約付き)を求めている人は、以下のページで紹介しているカードもおすすめです。

icon-chevron-circle-right「子供も補償対象」の海外旅行保険付きカード ベスト3