ponta plus

カードの利用でPontaポイントが貯まるPontaプレミアムプラスカード。
ポイント還元率は1%以上と、コスパがよく人気です。

年会費 2,000円+税(初年度無料)
国際ブランド VISA/Master



pontaプレミアムカード(ポンタカード)のメリット

通常のクレジットカードとして利用できる<一般コース>と、リボ払い専用の<リボコース>の2つのコースから選択して申し込むpontaプレミアムカード。

一般コースだと、100円の利用に付き1ポイント(ポイント還元率1.0%)、リボコースだと100円に付き2ポイント(ポイント還元率2.0%)。
一般コースはまた、7月・12月はポイント優遇月で、10万円以上のカード利用でポイント還元率1.5%、20万円以上の利用で2.0%にアップします。

その他、ponta加盟店ではカードの提示だけでもpontaポイントが貯まります。

貯まったポイントはponta提携店で使えます。

海外旅行保険も充実した内容

Pontaプレミアムプラスカードは海外旅行保険の内容も優秀です。

下記の表に詳しくまとめました。
比較対象は、当サイトで紹介している、年会費無料の究極旅行保険カードです。

  Pontaプレミアムプラスカード 究極旅行保険カード
事故死亡・後遺症 2000万円 2,000万円
傷害・疾病治療 200万円 200万円
携行品損害 20万円 20万円
救援者費用 200万円 200万円
賠償責任 2,000万円 2,000万円

どちらのカードも海外旅行保険が自動付帯なので、カードを持ってさえいれば、旅先でのトラブルに保険が適用されます。
また、内容にも違いはありません。

ただしPontaプレミアムプラスカードは、年会費が2,000円かかります。
初年会費は無料、年に5万円以上のカード利用があれば翌年は無料になりますが、海外旅行保険のためにわざわざ5万円の買い物をするというのは非効率すぎます。
それならば、年会費が完全に無料の究極カードを選ぶのが正解です。

加えて、どちらにも言えることですが、海外でのトラブルに万全を期すならカード一枚では不安が残ります。
特に備えたいのは、傷害・疾病治療費です。

海外の医療事情は日本と大きく違い、医療費は高額になりがちです。
盲腸の手術で100万円を超えることも珍しくありませんし、日本では無料の救急車出動にも数万円の費用が掛かることもあるのです。
そのため、当サイトでは安心できる目安として「治療費は300~400万円必要」と考えています。

傷害・疾病治療などの補償額は複数の保険を合算できるので、究極の旅行保険カードを2枚以上持つのがベストと言えるでしょう。

icon-chevron-circle-right「年会費無料」の海外旅行保険付きカード ベスト4