mitsui-sumitomo-visa-gold

日本で最初にVISAカードを発行した、三井住友の三井住友VISAゴールドカード。
標準的なゴールドカードのサービスを保ちながら、年会費を4,000円まで抑えられるコストパフォーマンスの良さもあり、国内では指折りの人気カードです

パルテノン神殿をあしらった上品なカードフェイスも人気の三井住友VISAゴールドカード。
日本国内での人気・信頼度はもちろんのこと、海外でも三井住友の名はそこそこ知られていて、使用に不自由はありません。
シンプルで品格のあるカードフェイスは海外でも高感度が高いのも嬉しいところです。

肝心のサービス内容は、ポイントプログラム、電子マネー、家族付帯の海外旅行保険と、標準的なゴールドカードのサービスを網羅しています。

24時間年中無休で医療・健康相談ができる「ドクターコール24」も魅力的。
セキュリティ面でも、希望すれば顔写真付きのカードを発行できるなど、高い安心感があります。

そして特筆すべきは、そのコストパフォーマンスの良さです。
年会費は1万円ですが、いくつかの条件をクリアすることで4,000円まで下げることが可能です
1万円の年会費でも十分と思われる内容を半額以下のコストで得られるというのは、三井住友VISAゴールドカードの最大のメリットと言えます。

海外旅行保険もこのランクのゴールドカードとしては十分な内容になっています。
年会費1万円の「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」と比較してみます。

  三井住友VISAゴールド セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
年会費 10,000円(初年度無料) 10,000円(初年度無料)
傷害・疾病治療 300万円 300万円
傷害・疾病治療(家族) 200万円 300万円
携行品損害 50万円 30万円
携行品損害(家族) 50万円 30万円
空港ラウンジ 国内 国内/ハワイ
その他 ●手荷物宅配優待 ●航空機遅延補償(海外)
●手荷物遅延補償
●手荷物無料宅配

家族の傷害・疾病補償額や航空機遅延補償などはセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスに一歩劣ります。

しかしコストを鑑みれば、逆に三井住友VISAゴールドカードの充実度が分かります

家族付帯のゴールドカードについては下記ページでも詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。
>>「子供も補償対象」の海外旅行保険付きカード ベスト3