ieon gold

イオンカードユーザーにインビテーションが届くと発行できるのが、イオンゴールドカードです。
年会費は無料のままで、ゴールドカード限定の特典が付きます。
海外旅行保険はサポート程度に考えるといいでしょう。

イオンカードの上位にあたるイオンゴールドカード。

ゴールドカードという名称ですが、年会費は無料です。
そのため、特典やサービスも一般的なゴールドカードと比べると見劣りします

しかし、イオンゴールドカード会員限定の優待パスポートや、イオンモールなどにあるイオンラウンジの利用など、普段の生活で役立つ特典があります。

海外旅行保険も自動付帯です。
コストがかからないこともあり、イオンカードを持っているならばインビテーションを待つ分には損はしません。

海外旅行保険については下記の表で詳しく見ていきます。
比較対象は当サイトでおすすめしている、年会費1万円の「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」です。

  イオンゴールドカード セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
年会費 無料(インビテーション制) 10,000円(初年度無料)
傷害・疾病治療 傷害200万円・疾病100万円 300万円
傷害・疾病治療(家族) なし 300万円
携行品損害 30万円 30万円
携行品損害(家族) なし 30万円
空港ラウンジ 羽田 国内/ハワイ
その他   ●航空機遅延補償(海外)
●手荷物遅延補償
●手荷物無料宅配

イオンゴールドカードは年会費が無料ということもあり、各補償額はゴールドカードとしては低めです。

家族特約もありませんから、イオンゴールドカードだけでは不十分です

コスト面を差し引いても、航空機遅延補償や空港ラウンジ、手荷物宅配などの充実度からして、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスの方がはるかに優れています
インビテーション制であることからも、海外旅行保険のためにイオンゴールドカードを用意するというのは現実的ではないでしょう。

コストを節約するなら、三井住友VISAゴールドも優れています。
年会費を4,000円に抑えながら、イオンゴールドカードより充実した補償・サービスを受けられます。

詳しくは下記で紹介しています。
>>「子供も補償対象」の海外旅行保険付きカード ベスト3