ゴールドカードセゾン

対象店舗での買い物によるポイントが常に2倍、毎月特定の日には買い物が5%オフなど、日常生活では便利な特典の多いゴールドカードセゾン。
しかし海外旅行保険においては、決してお得な選択肢とは言えません

クレディセゾンが発行するスタンダードなゴールドカード。その魅力は、ショッピングでの豊富な特典です。

西武百貨店・西友・パルコなど対象店舗では常に2倍のポイントが貰えますし、毎月特定の日にはサニー・西友での買い物が5%オフになります。
また、全国のプリンスホテル・ゴルフ場のほか、対象ホテルでの優待もあり、これらの特典を活用すれば年会費の元は十分に取れるでしょう。ショッピングが好きな方には、持っておきたい1枚かもしれません。

しかし、海外旅行保険のスペックとしては十分とは言えません。自動付帯、家族特約もついて基本は押さえられていますが、重要な補償額が抑えられていたり、空港ラウンジサービスがないなど、ゴールドカードの中では一歩遅れを取っています。

ゴールドカードセゾンと、当サイトおすすめのひとつでもある「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」を旅行保険や関連サービスで比較してみましょう。

  ゴールドカードセゾン セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
年会費 10,000円 10,000円(初年度無料)
傷害・疾病治療 100万円 300万円
傷害・疾病治療(家族) 100万円 300万円
携行品損害 50万円 30万円
携行品損害(家族) 50万円 30万円
空港ラウンジ なし 国内/ハワイ
その他 ●航空機遅延補償
●手荷物遅延補償
●航空機遅延補償(海外)
●手荷物遅延補償
●手荷物無料宅配

旅行保険の最重要ポイントである「傷害・疾病治療費用」ですが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスに比べて、補償額が200万円も少なくなっています。
家族特約が付いている点は評価できますが、100万円という補償金額は一般カードレベルです。
海外での医療費事情を考えると、ゴールドカードセゾンだけでは心許ないですね。

上記のとおりラウンジ利用や手荷物無料宅配の有無といった点でも劣っています。
ちなみに、ゴールドカードセゾンを持っていると、セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カードを、年会費2000円で持てます。アソシエならば国内の主要空港とホノルル空港のラウンジが無料で使えますが、あえて2枚持ちするよりも、アメリカン・エキスプレスを1枚持つほうがスマートでしょう。

また、同じく年会費1万円の「三井住友VISAならゴールド」なら同等以上の補償が受けられ、更に年会費を4000円まで安くすることが可能です。

家族特約付きのおすすめカードは以下で詳しく紹介しています。

>>「子供も補償対象」の海外旅行保険付きカード ベスト3