epos

マルイのクレジットカード、エポスカードの上位がエポスゴールドカードです。
エポスゴールドカードの海外旅行保険は、年会費無料のエポスカードから少しだけレベルアップした内容となっています。

エポスゴールドカードはエポスカードを使っていてインビテーションを受けた場合や、一度でも年間利用料が50万円を超えた場合には、年会費が永久に無料になります。(最初からエポスゴールドカードに入会する場合は年会費5,000円です)

エポスカードとの大きな違いは、エポスポイントの有効期限がないということです。
通常カードの場合、ポイントの有効期限は2年ですが、エポスゴールドカードなら永久不滅。
ポイントの期限を気にせずに使えるのは魅力的です。

また、クレジットの利用額に応じてボーナスポイントがもらえたり、「選べるポイントアップショップ」を利用すれば最大3倍のポイントがもらえたりと、効率的にポイントが貯まるプログラムが用意されています。

それでは肝心の海外旅行保険について詳しく見てみます。

当サイトでおすすめしている、年会費1万円の「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」と比較しています。

  エポスゴールドカード セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
年会費 5,000円 10,000円(初年度無料)
傷害・疾病治療 300万円 300万円
傷害・疾病治療(家族) なし 300万円
携行品損害 20万円 30万円
携行品損害(家族) なし 30万円
空港ラウンジ 国内/ハワイ・韓国 国内/ハワイ
その他   ●航空機遅延補償(海外)
●手荷物遅延補償
●手荷物無料宅配

比べてみると、本人の傷害疾病補償額は遜色ありませんが、エポスカードには家族特約がないのが大きな欠点です

多くのゴールドカードに家族特約がある中では、エポスカードに特段の魅力は感じられません。
細かなサービス面を見ても、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスには劣ります

また、エポスカードは元々の海外旅行保険が非常に充実しているだけに、はじめから年会費5,000円を払ってエポスゴールドカードに入る価値があるかといえば疑問が残ります
通常のエポスカードを持っておいて、そのうちインビテーションが届いたら切り替えるのがよいでしょう。

更に、コストを抑えるなら三井住友VISAゴールドカードがあります。
これは年会費を4,000円まで抑えられ、家族特約もありエポスゴールドカードと同等以上の内容です

家族特約付きカードは以下で詳しく解説しています。
>>「子供も補償対象」の海外旅行保険付きカード ベスト3