dainazu

伝統と格式のあるダイナースクラブカード。
ステイタス性が高く、内容も充実のダイナースクラブクオリティです。
しかし年会費が一般的なゴールドカードに比べて高いのが玉に瑕。

世界で最初に生まれたクレジットカード、ダイナースクラブカード。
その伝統にのっとって、「カード利用金額に一律の制限は設けない」というポリシーを貫く、世界で認められたステイタスカードです。

入会審査には収入だけでなく社会的地位も加味されるため、ダイナースクラブカードを持つことは、それだけで会員の信頼を示すと言っても過言ではありません。

各種優待やサービスもプラチナクラス。
特に「ダイナースクラブ(食事を楽しむ人のクラブ)」の名のとおり、食事に関するサービスが充実しています。

2名以上で利用すれば1名分が無料になる「エグゼクティブ・ダイニング」のほか、一見さんお断りの料亭にダイナースクラブが予約を代行してくれるなど、美食家には嬉しい内容です。

海外旅行に関するサービスも様々あり、空港ラウンジは世界500ヶ所24時間年中無休の海外緊急アシスタンスサービスなどのサポートが揃っています。

海外旅行保険については、当サイトのおすすめ「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」と比較して詳しく見てみましょう。

  ダイナースクラブカード セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
年会費 22,000円 10,000円(初年度無料)
傷害・疾病治療 300万円 300万円
傷害・疾病治療(家族) なし 300万円
携行品損害 50万円 30万円
携行品損害(家族) なし 30万円
空港ラウンジ 国内/海外 国内/ハワイ
その他 ●手荷物宅配サービス
●空港パーキング無料
●空港前泊ホテルサービス
●航空機遅延補償(海外)
●手荷物遅延補償
●手荷物無料宅配

気になるのは、家族の補償が一切ないという点です
空港ラウンジのほか、手荷物宅配や駐車場無料など嬉しいサービスがある反面、保険の内容は見劣りしています。

保険に関してだけで言えば、年会費1万円の「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」の方が優れていると言えるでしょう。
ダイナースクラブカードは年会費22,000円ですし、「よりお得に海外旅行保険をつけたい」という方にはおすすめできません。

更に年会費を抑えるなら「三井住友VISAゴールド」という選択もあります。
「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」とほぼ同等の補償内容で年会費を4,000円まで下げることが可能です

詳しくは以下のページで解説しているのでご覧ください。

>>「子供も補償対象」の海外旅行保険付きカード ベスト3