年会費3000円でサービスはゴールドカード並み。
海外旅行保険は利用付帯でも内容は充実!

年会費 3000円+税(初年度無料/年間1回の利用で翌年度無料)
国際ブランド VISA/JCB

SuMi TRUST CLUB エリートカードのメリット

三井住友信託銀行株式会社がシティカードジャパン株式会社を子会社化し、社名を三井住友トラストクラブ株式会社に変更した際に、カードもシティエリートカードから、SuMi TRUST CLUB エリートカードへと変更になりました。
カード名は変更になったものの、サービス内容はほぼシティエリートカードのものを引き継いでいます。

券面のカラーはゴールドですが、他のゴールドカードと比べると、審査基準が低く(22歳以上・年収200万以上で取得可能)、年会費も3000円とかなり安くなります。ですが、一般カードよりもサービスは充実しています。
言うならば、半ゴールドカードといったところでしょうか。

ポイントプログラムは、100円利用ごとに2ポイントたまり、有効期限はありません
またポイントをためるほどにポイント還元率がアップし、し年間50万円以上利用すると2,500ポイントのボーナスポイントがもらえます。

また、国内の空港ラウンジが無料で利用できたり、カード購入商品の盗難・破損の場合に最高200万円まで補償してくれる、「バイヤーズ プロテクション」が付帯しています。

海外旅行保険は利用付帯

保険についても、国内・海外旅行保険の両方とも付帯していて安心です
海外旅行保険の内容について、当サイトで紹介している年会費無料の究極旅行保険カードと比較してみましょう。

  SuMi TRUST CLUB エリートカード
(旧シティエリートカード)
究極旅行保険カード
事故死亡・後遺症 3,000万円 2,000万円
傷害・疾病治療 150万円 200万円
携行品損害 30万円 20万円
救援者費用 50万円 200万円
賠償責任 なし 2,000万円

使う可能性が高い、傷害・疾病と携行品損害に注目です。
海外は医療費が高いので、傷害・疾病が150万円というのが少し不安ですが、携行品損害は30万円の補償は嬉しいですね。
賠償責任が補償なし、というのも不安ではありますが、使う確率は少ない保険ですのであまり心配する必要はないかと思います。

さて、傷害・疾病治療についてですが、150万では少し不安と言いましたが、実はこの補償額をアップさせる方法があります。
それは、もう1枚海外旅行保険付帯のカードを持って行く、という方法です。

治療費用などの保障金額は、実はカードが2枚あれば合算できるんです。
もう1枚、保険付帯カードを持って行けば、不安も解消されます。

ちなみにこちらのカードの海外旅行保険は利用付帯です。航空券代や募集型旅行企画の料金、もしくは空港までの運賃等の支払いにカードを利用した場合のみ、保険適用となります。事前に利用していないと適用されないので注意してくださいね。

SuMi TRUST CLUB エリートカードにプラスでもう1枚、保険付帯のカードを持って行くなら、年会費無料で海外旅行保険自動付帯のカードがありますので、そちらをおすすめします。

icon-chevron-circle-right「年会費無料」の海外旅行保険付きカード ベスト4