cedyna

セディナが発行する、格安ゴールドカード。
手軽にもてるのが魅力ですが、海外旅行保険をはじめ付加サービスは最低限の内容。

年会費 1,905円+税
国際ブランド VISA/Master/JCB

セディナカードゴールドのメリット

年会費1,905円と格安で持てる、ゴールドカード。

空港ラウンジや高額の旅行保険など、一般的なゴールドカードが持つ特典やサービスを削り、その分、格安の年会費と高ポイント還元率を実現したカードです。

誕生月にポイントがアップするアニバーサリーポイント、毎月第三日曜日はポイント5倍のハッピーサンデーなど、多くのポイントアッププログラムがあります。

しかし付帯サービスはほとんどないに等しいため、ゴールドカードとしてのステイタス性はほとんどありません。
格安とはいえ年会費を払うことを考えると、このカードを持つメリットはあまりあるとは言えません。

海外旅行保険は最低限の内容

海外旅行保険も付帯していますが、満足のいくレベルではありません。

当サイトのおすすめ、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスと比較してみましょう。

  セディナカードゴールド セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
年会費 6,000円(初年度無料) 10,000円(初年度無料)
傷害・疾病治療 100万円 300万円
傷害・疾病治療(家族) なし 300万円
携行品損害 10万円 30万円
携行品損害(家族) なし 30万円
空港ラウンジ なし 国内/ハワイ
その他

 

●航空機遅延補償(海外)
●手荷物遅延補償
●手荷物無料宅配

その違いは一目瞭然です。
セディナカードゴールドは家族特約が付いていませんし、本人の傷害・疾病補償額も100万円
携行品損害も10万円と、ゴールドカードとしては大変お粗末な内容です。無いよりはマシ、程度でしょう。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスは年会費が1万円かかりますが、保険以外の特典・サービスも合わせればセディナカードゴールドよりもコストパフォーマンスは優れています。

コストを気にするなら、三井住友VISAゴールドもお得です。
年会費は4,000円まで抑えられ、セディナカードゴールド以上の、十分な補償が受けられます

家族付帯付きのおすすめカードについては下記で詳しく解説しています。

icon-chevron-circle-right「子供も補償対象」の海外旅行保険付きカード ベスト4