bic camera

ビックカメラのポイントカードに、Suica機能が付いた「ビックカメラSuicaカード」
一度の支払いにビックポイントとビューサンクスポイントがそれぞれ付くので、ポイント還元率は実質1%とお得感があります。

しかし海外旅行保険の面では、お得感はありません。
自動付帯なのは魅力的ですが、補償内容が薄く、とても安心できるとは言えないものです。

補償内容を、当サイトでおすすめしている年会費無料の究極旅行保険カードと比較してみました。

  ビックカメラSuicaカード 究極旅行保険カード
事故死亡・後遺症 500万円 2,000万円
傷害・疾病治療 50万円 200万円
携行品損害 なし 20万円
救援者費用 なし 200万円
賠償責任 なし 2,000万円

表を見れば分かるとおり、全ての項目でビックカメラSuicaカードが大きく劣っています。
事故死亡・後遺症や賠償責任は、確率的にリスクが少ないので良いとしても、問題なのは傷害・疾病治療と携行品損害です。
海外旅行保険の利用割合が多いのはこの二つの項目ですから、ここがしっかり補償されなければ安心は出来ません。

海外での治療費事情は日本と大きく違い、救急車に乗るにもお金が掛かります。
また、治療そのものも高額になることが多いです。
保険などで支払いを保証できないと、治療さえしてもらえないということもありえます。
そうしたことを考えると、ビックカメラSuicaカードの50万円だけでは、何かあったときに不足してしまうでしょう。

また、携行品損害の補償がないのも心配です。
携行品損害は、たとえばカメラを落としてしまったとか、スリにあった時などに使います。
国内でならあまり無い状況ですが、旅先ではグッとリスクが上がるものですから、しっかりと備えておきたいところです。

その不足は他のカードで補う必要があります。
傷害・疾病治療や携行品損害などの補償額は、複数のカードの保険を合算できるので、他に補償のしっかりしたカードを持っておくと安心です。

>>「年会費無料」の海外旅行保険付きカード ベスト5