キャプチャ

航空会社のカードなら海外旅行保険もバッチリ…
とイメージしそうですが、気をつけてください!

年会費 2,000円+税
国際ブランド VISA/Master/JCB



ANAカード(ANA 一般カード)のメリット

ANAグループ便に搭乗で、通常のマイルにプラスしてボーナスマイルが貯まるANAカード。
またショッピングなどのカード利用で貯まったポイントもマイルに移行できるので、旅好きには嬉しいカードです。
貯まったマイルでどこに行こうか…なんて妄想するのも楽しいですよね。

旅行好きの人には魅力が多いカードと言えるでしょう。

海外旅行保険は「傷害・疾病治療」も「携行品損害」も対象外!

そんな旅行のイメージ満載のカードですが、こと保険に関しては、多くの人にとってはあまり役にたたない、と言っても過言ではないかもしれません。
海外旅行に行くのに、このカード付帯の保険だけでは不安です。

当サイトで紹介している年会費無料の究極旅行保険カードと比較してみました。

  ANAカード 究極旅行保険カード
事故死亡・後遺症 1,000万円 2,000万円
傷害・疾病治療 なし 200万円
携行品損害 なし 20万円
救援者費用 100万円 200万円
賠償責任 なし 2,000万円

旅行中で発生する確率が一番高い「傷害・疾病治療」「携行品損害」がなんと、保険対象外、なんです。
現地でお腹をこわしても、ケガをしても、財布を盗まれても、対象外だから役に立ちません。

海外旅行保険のために持っていくなら、このカードではなく、他のカードを持っていくことをおすすめします。

治療費用などの保障金額は、カードが2枚あれば合算できますので、旅行保険を充実させるために、年会費無料のカードを2枚別で持っておくのがおすすめです。

icon-chevron-circle-right「年会費無料」の海外旅行保険付きカード ベスト4