amazon gold

三井住友カードから発行されている、Amazon公式のゴールドカードです。
ラウンジ利用や海外旅行保険などゴールドカードの標準的なサービスがあり、年会費の割引もあるのでコストパフォーマンスに優れています。
しかし必ずしもベストな1枚ではありません。

一般カードであるAmazon Master Cardクラシックに比べ、Amazon利用でのポイント還元率がアップしているAmazon Master Cardゴールド。
国内空港ラウンジの利用や旅行保険といった、一般的なゴールドカードのサービスも付いています。

大きな特徴は、年会費3,900円のAmazonプライムに無料で入会できる点です。
Amazonプライムは日時指定配送やお急ぎ便の無料利用や、会員限定先行タイムセールなど、Amazonの様々なサービスが受けられます。
Amazonを良く使うなら魅力的なサービスです。

また、条件をクリアすることで年会費を最大4,000円まで下げることが可能です。
Amazonプライムと合わせればかなりコストパフォーマンスに優れたカードと言えます。

さて、肝心の海外旅行保険の内容を見てみましょう。
年会費1万円の「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス」と比較しています。

  Amazon MasterCardゴールド セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
年会費 10,000円 10,000円(初年度無料)
傷害・疾病治療 300万円 300万円
傷害・疾病治療(家族) 200万円 300万円
携行品損害 50万円 30万円
携行品損害(家族) 50万円 30万円
空港ラウンジ 国内 国内/ハワイ
その他  ●航空機遅延補償(国内)
●手荷物遅延補償(国内)
●航空機遅延補償(海外)
●手荷物遅延補償
●手荷物無料宅配

同じ年会費としてみると、家族の傷害・疾病補償額やもろもろのサービスなど、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスとは大きく差があります
しかし、年会費割引を考えるとAmazon Master Cardゴールドも十分選択肢に入る充実度です。

それもそのはず、当サイトでおすすめしているカードのひとつ「三井住友VISAゴールド」と同等の補償内容なのです。
それでもなぜAmazon Master Cardゴールドは「ベストではない」かというと、コストパフォーマンスでは三井住友VISAゴールドがより優れているからです。

まず、Amazon Master Cardゴールドは、初年度は必ず10,000円の年会費がかかります。
三井住友VISAゴールドなら、ネット申し込みで初年会費が無料になります。

次年度はどちらも年会費は4,000円にできますが、初年度のコストには1年分以上の差が出るわけです。
海外旅行保険を目的とし、コスト面からAmazon Master Cardゴールドを選択肢とするならば、三井住友VISAゴールドを選ぶのが賢い選択と言えます

家族特約付きのおすすめゴールドカードについては下記に詳しくまとめています。

>>「子供も補償対象」の海外旅行保険付きカード ベスト3