renrenさん(女性/61歳(当時50歳))の海外旅行保険体験レポート

flag_usa

旅行先 米国・ニューヨーク
旅行時期 2006年12月
加入保険 AIU 日本で加入
補償金額 12,000円

 

data

1ヶ月ほどの旅行中の出来事です。ホテルは安宿と普通のホテルの中間。
小さいけれどアットホームなのと、前にも使ったことのあるホテルなので、割と安心していました。
でも勿論、在室中は必ずロックしてチェーンもかけてと言う安全策は怠っていなかったのですが。

ある日午前中に出かけて夕方に帰ったところ、何となく部屋の様子がおかしい感じがして。
おや、と思ったらまずベッドサイドテーブルに置いておいた、目覚まし時計が見当たりません。

掃除の人が落としたのかな、と思ってベッドの下を覗き込んだのですがその時に、
ベッド脇の戸棚に目が行きまして、そこに置いておいたタバコ1カートンもありません。
慌てて部屋の中を調べましたら、細々としたものが消えていました。

幸い貴重品は持って出たので無事でしたが、ちょっとした生活用品まで消えているのには参りました。
フロントスタッフに「泥棒が入ったようだ、物が無くなっている」と連絡しましたら、
「保険は入っているか、入っているなら警察の盗難証明が必要だからポリスを呼ぶか?」
と聞かれましたので、頼みました。

ポリスが来るまで10分もかかりませんでした。
ノックの音に「Yes who’s there」と答えますと、「警察だ開けてくれ」と答えがあり。

そっとドアを開けましたら、身長190センチくらいの大男のポリスが二人、
一人は死角になる壁に張り付き、もう一人も油断無く拳銃に手をかけていました。
正直これが一番怖かったです。

その後部屋を調べつつ無くなったものをメモし、ナンバーをメモに書いてポリスは帰りました。
ここが一番怖かった部分です。大男のポリスと部屋の中、いやもう何かあったらどうしようかと
ブルってしまいました。

アメリカの場合盗難だとまず捜査は入らないそうです。
保険を下ろすための措置として警察の調べが入るそうで。
その後私も、ナンバーを書いたメモを持って盗難証明を貰いに、最寄の警察に出かけたのですが、
要領を得なくて。
仕方ないので保険会社に相談した所、多少の免責分引いてもよければ、盗難証明無しで支払うとの事。

結局免責分引いた金額で、保険を下ろしてもらいました。
正直、これが可能だったらポリス呼んで怖い思いしないでよかったのに、とちょっと恨めしくも思いました。

私の場合貴重品は無事でしたが、もし部屋に残しておいたら(カードやパスポートなど)
とんでもないことになったでしょう。

私の場合、小さな被害でしたがやはり日用品など買い足す羽目になったので、
そこそこ出費もあり、保険をかけておいて良かったです。

data