nychindouchuさん(女性/35歳)の海外旅行保険体験レポート

 

flag_usa

旅行先 アメリカ ニューヨーク
旅行時期 2010年3月
加入保険 三井住友VISAカード(日本にて)
補償金額 13万円

 

data

数年前の旅行先での出来事です。

旅行中、急に娘の口の周りに湿疹ができました。今迄見た事もない、赤い湿疹です。

それが全身に次第にぽつぽつと広がり、何かにかぶれたのかなと様子を見ていたのですが、その日の夜に、嘔吐、それから下痢が続きました。

離乳食は始まっていた物の、主に母乳で育てていたし、変な物は食べさせてないはずだったので、心当たりもなく、本人はそこ迄ぐったりしていなかったのですがとても心配で、とにかく、旅行中に行ける日系の病院を探したくて三井住友VISAへお問い合わせしました。

すると、オペレーターさんが丁寧に対応して下さり、カードについている保険で行く事が出来る、日系の病院を紹介されました。

心配しながら行ってみると、まず、日本人のお医者様が出て来て、色々と診察して下さいました。
それから私が食べた物,過ごし方等を聞き出し、診察の結果「もしかしたら何かのアレルギーが有るかもしれない」との事でした。

旅行中に私が食べた物が、母乳方伝わってそのまま何かのアレルギー反応をおこしているかもしれない、というわけです。
その医者が紹介してくれる病院で、アレルギー検査が出来るというのですが、とても高い費用みたいだし、旅行の日数も限られているし、保険が使えるのかもわからなかったので一旦は躊躇したのですが、とても心配だったのと、早く原因を知りたかったので、受ける事にしました。

その時すぐに、三井住友さんに連絡して下さり、補償出来るとの事でした。
本当は予約待ちの病院でしたが、旅行者ということで、翌日すぐに優先してみてもらえることになりました。

そこで行った検査は、1回で何種類ものアレルギー物質を肌に少しつけることが出来るキットを使って、アレルギー反応を見るという物でした。

最初は反応がない様に思えた物の、数秒後に、卵のエリアからぶくぶくと、かに刺された様な湿疹が膨れ上がってきました。
そこで思い出したのが、その日の夜に卵料理を結構食べたと言う事。
日本よりこちらは卵のアレルギーの反応が強いということで、卵を大量に母親が接種すると、子供にすぐに反応してしまうらしいんです。

原因もわかり安心しましたが、後日、保障金額を見てびっくり、普通の診察が2回それぞれ300ドル程度、アレルギー検査が700ドル程度で、恐ろしい金額だったのを覚えております。

三井住友VISAに入ってて本当に良かったです。

data