kazuさん(女性/32歳)の海外旅行保険体験レポート

vn

旅行先 ベトナム
旅行時期 2008年6月
加入保険 三井住友海上
補償金額 18万円

 

data

ベトナム・ハノイの街中で、盗難にあいました。

前から来た人に派手にぶつかられて、体をさすっている、その一瞬に、肩掛けかばんをぱっくりと切られていました。
中には、オメガの時計と、ミラーレスのちょっと小さめの一眼レフのカメラが入っていて、それを撮られていました。

すぐに泊まっていたホテルの人に行って、警察に連れて行ってもらい、証明書を作ってもらいましたが、ほとんど英語が通じる人がいない警察署でちょっと大変でした。
証明書を作ってもらい、すぐに保険会社に連絡をしました。

滞在期間が長いこともあり、旅行が終わってからではなく、できるだけ早めに支払いをお願いしたところ、手配をしてくれました。
そのために私がしたことは、まず切られたかばんの写真を撮りました。
そして、ちょうど持って来ていた、時計の保証書と一眼レフのカメラの箱(保証書がなかったので)をEMSで日本に送りました。

オメガの時計は、10万円以上しましたが、一つの品物の保証上限が10万円だったために、その値段に落ち着きました。
電話で保険会社に聞いたときに、事件の流れと様子を説明したところ、かばんも保証に入ると言われ、それも申請しました。

そして、全部で18万円の保証金額を、銀行口座に振り込んでもらい、受け取ることができました。

盗難に遭って、本当に気持ちも落ち込んでしまい、時計も初めてもらったボーナスで買ったもので、本当にショックでした。
それでも、電話で話した、保険会社の人の対応が温かく、だいぶ落ち着くことができました。
たぶんずっと日本語を話していなかったので、久しぶりに聞く日本語でほっとしたのだと思います。

海外旅行保険自体は一番安いコースに入っていたのですが、パソコンを持っていたので、携行品だけ高めに設定してもらってよかったと思います。
それからは、どこに旅行に行くのでも、必ず海外旅行保険に入るようになり、特に携行品と病気の治療の金額には気をつけるようにしています。

data