かんだかんださん(女性/30歳)の海外旅行保険体験レポート

ie

旅行先 アイルランド
旅行時期 2012年8月
加入保険 AIU海外保険
補償金額 9523円

 

data

私は昔から健康には自身があり、日本にいる時も2年に一度病院に行く程度でした。

高校生の頃、カナダに1年間留学をしておりましたが、一度も病院に行くことなくすごしていましたし、
その後4度ほど海外旅行に行っていますが、トラブルがあったことは一度もありません。

2012年、社会人になり長期休みをもらえるタイミングがあり、大好きなビールを飲みに
アイルランドに個人旅行で約2週間の旅に出ることにしました。

海外で病気になったことはありませんが、安心料としていつも海外保険には加入しています。

今回もいつもどうり特に中身を確認するわけでもなく、適当な海外保険に加入していざアイルランドへ!

旅行中は新しい景色や食べ物に夢中で大変楽しんでいましたし、すりや詐欺などが多い危険な場所には十分な警戒をして安全な旅をしていました。

ある晩、お腹の激痛とともに目覚めトイレに駆け込みました!

食あたりになることは稀にあったのですが、少し違うものでした。
全身から冷汗が止まらず、しばらくトイレにいましたが、やがて眠気にも襲われて眠りにつきました。

次の日になり朝起きてみると冷汗が止まっておらず、明らかに熱がありました。
お腹の中は全部出しきっていましたが、まだトイレに駆け込むことがあり、同時に吐き気も。
その日は同じホテルでの滞在だったため、フルーツなどを食べて一日休むことにしました。

次の日になり、熱は微熱になったと身体で感じました。

病院に行くべきか迷いましたが、予定していた観光地に行けていないので、なんとしても行かなくては、と重い体を無理やり起こし観光地へ向かいましたが、やはりトイレに駆け込むことが多く、ホテルに帰りようやく病院に行くことを決心しました。

ホテルに紹介してもらい病院へ。医者は食あたりと言っていましたが、外国人ということもあり、そこまで細かい診察はできないと、薬だけもらい病院を後にしました。
その時の診察料は50ユーロ程でした。

それから次の町に行かなくてはいけなかったため、その街をでて薬を飲んでいたものの、体調は一向に良くならず、とにかくスケジュール通りに移動をしました。
食欲はなく、途中で帰るにもお金がかかるためなんとか踏ん張り日本に戻ってきました。
当然、最期の一週間はお腹の痛さと吐き気でまともな観光はできませんでした。

日本に帰り、若干体調は良くなったものの、まだ本調子ではなかったため、街の大きな病院に検査してもらうことにしました。

診察の結果はキャンビロバクターという感染症でした。

どうやら先日バーで食べたチキンサラダが原因ではないかと思われます。
日本にも存在する病原菌なので薬をもらいました。

その薬を飲んで、気持ちの問題かもしれませんが、すぐ元通りの生活ができるようになりました。

その後、保険会社からは9000円も支払われ、旅の苦い思い出も少し和らぎました。

今まで『ついで』で加入していた保険ですが、改めて大切さがわかり、今後はもっと真剣に考えなくては、と思いました。

そして今では海外に行く予定の知人には、必ず体験談と保険加入の大切さを伝えています。

data