クレジットカード感覚でどこでも使えて、家計の管理がしっかりできるVISAデビットカード。
毎日のお買い物はもちろん、海外旅行の時に大活躍します。



使いすぎの心配がないデビットカード

クレジットカードは、買い物をするのに便利な決済方法として知られています。
クレジットカードであれば、加盟しているお店であれば、カードを提示することで決済することができます。金額が少額であればサインする必要もありません。

しかし、クレジットカードを利用するためには一定の信用度が必要であり、誰でも作れるものではありませんし、またクレジットカードを落としてしまったり番号が流出すると悪用されるリスクなどがありクレジットカードを使うのが不安という人も多くいます。

これらの問題を解消できるもののひとつがデビットカードです。
クレジットカードでは後払いの決済であるため利用限度額を定めてその限度枠内で利用することになります。このため高額な利用限度額を設定している場合には、それだけの買い物をされてしまうリスクが存在します。

一方でデビットカードは後払いではなくリアルタイムで銀行口座の預金残高から引き落とすというものになります。このため利用限度額と預金額内の支払いしかできない仕組みとなっています。

 

VISAデビットカードが便利でおすすめ

デビットカードといってもいくつかの種類があり、ひとつはクレジットカードの国際ブランドが提供しているもので、有名どころとしてはVISAデビットカードがあります。また日本で利用されているものとしてはJ-Debitがあります。

VISAデビットカードJ-Debitとは違いとしては、VISAデビットカードがVISAの加盟店の多くで利用できるのに対してJ-Debitは利用できる加盟店が少ないという点です。
またJ-Debitは暗証番号を入力しなければならず、手軽に使うというにはやや難があります。

一方でVISAデビットカードは、さまざまなところで発行されるようになっており、多くは銀行口座を作った際に付与されるサービスのひとつとして提供されています。

日本で有名どころとしては、三菱東京UFJ銀行と楽天銀行があります。いずれの場合も学生や未成年でも利用することができ、それまで利用できなかったクレジットカード決済を利用することができます。

また近年では利用者獲得からデビットカードでも加入者向けにキャッシュバックキャンペーンを行っているところもあります。

銀行が発行するVISAデビットカードのメリットとしては、現金感覚で利用することができることと利用金額が記録されるので金銭管理がしやすいといった点があります。またJ-Debitとは違いVISAの加盟店で広く使えるので海外旅行先でも使うことができます。

クレジットカードをあまり使いたくないけど、カードの利便性はあった方がいいという方はVISAデビットカードを検討してみてはいかがでしょうか。