急な病気や親族の不幸などで、海外旅行をキャンセルする際は、高額のキャンセル料金を払わなければいけません。そんなときにキャンセル料金を補償してくれるのが「海外旅行キャンセル保険」。
そして、クレジットカード付帯の保険でも、「海外旅行キャンセル保険」に対応しているカードがあるんです。

キャンセル料金が補償されるカードなら安心

海外旅行は、よく準備をして臨むのが一番ですが、病気や怪我、近親者の不幸といったやむを得ない事情があるときには、キャンセルしなければいけません。 そうして、キャンセルできたとして、気になるのが旅行のキャンセル料金です。

海外旅行ともなれば、何十万、高ければ100万円以上もすることがあります。当日キャンセルであれば、100%のキャンセル料金になる場合もあり、行けない旅行のために大金を支払ったということになります。

旅行会社にキャンセルさせられたのではなく、自己都合でキャンセルした以上、諦めざるを得ないのですが、その費用を補償してくれるサービスがあれば、負担を軽減させることができます。

そんな都合の良い海外旅行保険があるのですが、クレジットカード付帯の保険でもやはり存在します。もちろん、全てのクレジットカードに付いているのではなく、一部のグレードの高いクレジットカードでは、確かに費用を補償してくれるものがあるのです。

 

JTB旅カード JCB GOLDがおすすめ

旅行のキャンセルを補償してくれる代表的なカードは、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド」以上のステータスカードです。「キャンセル・プロテクション」という名称で提供されているのですが、ゴールドでも年会費が2.9万円以上ということでなかなか手が出しにくいところです。

そこでおすすめしたいのが、旅行キャンセルに対応していて年会費がいちばん安い「JTB旅カード JCB GOLD」です。


「JTB旅カード JCB GOLD」は、旅行会社のJTBが発行している年会費15,000円のカードで、「海外旅行取消料補償」というオプションが付帯されています。
(JTB利用者でなければメリットが少なくなるため、家族特約付きゴールドカードの記事では紹介していませんが、海外旅行保険全般の内容もトップクラスです)

このオプションが有効になるのは、JTBの旅行代金をカードで支払った場合で、キャンセルをする理由は、カード会員、カード会員の配偶者、2親等以内の親族に何か怪我や病気があった場合となります。
つまり、友人や恋人にトラブルがあったから心配で旅行に行けないというときには、補償されません。(これは有料で加入する保険も同様です)

保証の限度額においても、上限が決まっているので、旅行のキャンセル料金が全額戻ってくることを期待してはいけません。
どんな理由のキャンセルでも対応できる万能の保険ではありませんが、旅行のキャンセル料金を全額自己負担する必要がなくなる、という点を重視する方なら、この保険は魅力的だといえます。