2017年の海外保険付きクレジットカード徹底比較

MENU

短期の海外留学ならクレジットカードの海外旅行保険がおすすめ

3ヶ月以内の短期留学なら、海外旅行保険はクレジットカード保険でカバーすることができます。注意点や活用法など詳しく解説していきましょう。

短期留学の保険ならクレジットカードでOK

最近は留学で海外に行く方も多いですね。現地で生活するというのはケガや病気、何かしらの事故や事件に巻き込まれるリスクも気がかりなものです 。

しかし留学となると短期といえど旅行より長くなることが多く、旅行保険の費用も期間に比例して大きくなってしまいます。保険は大切な備えとはいえ、出来るだけコストは抑えたいものです

そこでおすすめなのが、クレジットカード付帯の海外旅行保険。「旅行」という名称ですが、もちろん留学も対象です。

既に持っているカードに十分な保険が付帯されていれば、新しい手続きなどなく備えは万全です。

もし手持ちのカードでは不足がある場合でも、年会費無料のカードなら保険用に作っても費用はゼロ。浮いたお金で留学をより充実させられますね。

 

保険期間は90日まで

注意したいのが、カード付帯保険には期限があるという点です。保険期間は基本的に、出発から最長90日間となっていてカードによっては30日、60日というものもあります。この制限を越えてしまうと保険の対象外となってしまいます。クレジットカードの付帯保険でカバーできるのは90日以内の短期留学ということです。

ただ、利用付帯カードを使って、90日以上でもカード付帯保険でカバーする裏ワザも存在します。詳しくは「自動付帯と利用付帯の違いをチェック」のページをご確認ください。

 

学生でもOKのクレジットカード

社会人の留学ならクレジットカードの審査も特に問題はありませんが、学生さんは「クレジットカードは持てない」と思っている方もいるかもしれませんね。しかし、最近は審査のハードルが低いカードも増えています

当サイトで特におすすめしている「究極カード」のエポスカードも、審査が早く簡単で、かつ保険内容が充実しているので学生さんにぴったり。

同じく「究極カード」の1枚であるセゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードは25歳以下の方は26歳まで年会費無料のキャンペーンをしていて、学生さんなど若い方に人気があります。

自動付帯のものを選んで組み合わせれば保険の補償額をアップできるので、自分でお金をかけて保険に入らなくても、万が一のトラブルに備えられます

 

家族カードや家族特約にも注目

学生さんの場合、18歳以上なら上記のように自分用のカードを申し込まなくても、親御さんのカードから家族カードを発行してもらうという方法もあります。

また、親御さんの所持するクレジットカードに家族特約があれば、それを利用するのも良いでしょう

18歳未満の方の場合はクレジットカードも家族カードも発行できないので、家族特約で備えることになります。家族特約がつくのはゴールドカードだけなのでコストゼロとはいきませんが、保険以外の優待もありますし、旅行保険を契約するよりはお得です。

家族特約付きのカードについては「子供・家族も補償対象の海外旅行保険付きカードベスト3」で詳しく解説しています。


当サイトについて

クレジットカード付帯の海外保険について、活用のコツや注意点を徹底ガイド。旅行会社や空港で無駄な保険に入る必要はないことを証明しています。年会費無料のお得なカードから、子供連れでも家族全員が補償されるゴールド・プラチナカードまでカードの海外旅行傷害保険を比較し、メリット豊富なおすすめカードもご紹介します。
PAGETOP