2017年の海外保険付きクレジットカード徹底比較

MENU

海外旅行保険のクレジットカードを3ヶ月以上有効にする方法

クレジットカード付帯の海外旅行保険の補償期間は、多くの場合出国から90日間。

一般的にはそれ以上の期間を補償するには、海外旅行保険に加入する必要があります。

しかし、複数のカードを上手に使いこなせば倍の180日をカバーすることも可能です。

 

海外旅行保険を90日以上有効にできるカード2枚の合わせ技

まず、用意するのは海外旅行保険が自動付帯のカードと、利用付帯のカードです。

これを組み合わせることで、補償期間を180日にできます

 

自動付帯とは、カードを持って出国すれば自動的に海外旅行保険が付いてくるというもの。

利用付帯は、旅行費用などをカードで支払うことで海外旅行保険の補償が受けられるという、条件付のものです。

利用付帯の条件を詳しく見てみると、

  1. 日本出国前に航空機、電車、船舶、タクシー、バスといった公共交通乗用具の利用代金を当該カードで支払った場合
  2. 日本出国前に宿泊を伴う募集型企画旅行の旅行代金を当該カードで支払った場合
  3. 日本出国後に公共交通乗用具の利用代金をはじめて当該カードで支払った場合

とあります。

ここでは3に注目します。

つまり、出国後でも現地の公共交通機関を利用することで、海外旅行保険のスイッチをONにできるということです。

 

利用付帯カードを出国前に使用した場合には、補償期間は旅行開始から90日間となりますが、出発後に使用した場合にはそのタイミングから90日間が補償期間となります。

 

この特色を利用して、旅行開始から90日間は自動付帯カードの保険でカバーし、89日目に利用付帯カードを使用してさらに90日をカバーできる、というわけです。

これで旅行開始から180日、約6ヶ月のトラブルに備えられます

 

さらに利用付帯カードを組み合わせれば、もっと長期間の対応も可能です。もちろん、180日間海外にいなくても、たとえば90日+数日とか1週間とかでもOK。

利用付帯カードを使うことで、新しい保険に海外で加入するようなイメージですね。

 

国によっては公共交通機関でカードの利用がほとんどできないところもありますから、事前に「カードをどこで使うか?」を調べておくと安心です。

どうしても手段がない場合には、現地についてからネットで帰国便の航空チケットを買うということもできます。

 

おすすめカードは?

しかし利用付帯のカード全てが、この使い方に対応しているわけではありません。

利用条件を国内だけに限っているものもあるので、事前確認をしましょう。

また、利用付帯の海外旅行保険は疾病治療の補償額が低いものも多いので、複数枚のカードで備えるなどしっかり準備が必要です。

 

以上を踏まえておすすめのカードは以下の2つ。

リクルートカード

年会費無料でありながら、疾病障害治療費100万円と充実しています。

 

三井住友VISAクラシック

年会費は1,250円(税抜)ですが、初年度無料。次年度以降も条件をクリアすれば無料になります。

 

なお、保険の多くはトラブルから1ヶ月以内に報告しなければ、補償が受けられなくなります。

小さなトラブルは「帰国後に手続きすればいいか」と思われがちですが、長期の旅行や出張などの場合、帰国までに報告期間が過ぎてしまう場合があるので、トラブルがあったらすぐに保険会社へ連絡するようにしましょう。


当サイトについて

クレジットカード付帯の海外保険について、活用のコツや注意点を徹底ガイド。旅行会社や空港で無駄な保険に入る必要はないことを証明しています。年会費無料のお得なカードから、子供連れでも家族全員が補償されるゴールド・プラチナカードまでカードの海外旅行傷害保険を比較し、メリット豊富なおすすめカードもご紹介します。
PAGETOP