2017年の海外保険付きクレジットカード徹底比較

MENU

海外旅行保険に出発後の海外から申し込みするには

うっかり海外旅行保険に入り忘れていた!

気付いたときにはもう出国後・・・そんなときにはどうしたらいいのでしょうか?

 

出国後には契約できない?!

実は、日本の保険会社の海外旅行保険は、日本国内からでなければ加入できません

出国前に保険に加入し忘れた場合、出国後には保険の契約ができないのです。

旅行の日程が1週間から10日になったので、予定になかった3日分を追加で契約したい、というようなこともできません。

 

現地加入できる保険もアリ

こうした場合には、海外で加入できる「Worlld Nomads」や「グローブパートナー」の海外旅行保険があります。

World Nomadsはオーストラリアのオンライン保険会社で、旅行者やバックパッカー向けにネット申し込みの旅行保険を提供しています。

もちろん日本人でも現地加入ができますが、サイトは英語です。

 

とはいえ難しい操作はなく、補償内容はシンプルに表示されるので多少英語ができれば大丈夫でしょう。

加入方法は、まず旅行先の国や地域、居住地、補償期間の始まりと終わり、旅行へ行く人数(1人・2人・家族)を入力します。

「Get a price」をクリックすると、StandardとExplprerの2タイプの見積もりが表示され、それぞれの補償内容が確認できるので、どちらかを選んで「Buy Now」をクリックすれば加入手続きが進められます。

加入条件は特にないようですが、「補償を請求するたびに100USドルを請求します」という記述がありますので留意しておきましょう

 

グローブパートナーは、世界最大の保険会社アリアンツと総合保険代理店ASSETS社が共同で開発した保険です。居住地・国籍に関係なく旅行保険に加入できます。

こちらは日本語のサイトがあるのでより分かりやすいです。

 

料金体系はシンプルで、旅行先の地域と補償期間、年齢(35歳以下、35~69歳の2タイプ)で決まっています。

ただ、日本を出国後の加入の場合、加入予定の保険と同等の保険に入っていることが条件になります。

つまり保険期間を延長するために加入する保険ということですね。

保険に全く入っていない状態では加入できませんので、「保険の手続きを忘れて出国してしまった」という場合には難しいです。

 

全くの無保険で出国してしまった場合にもパッと加入できるWorld Nomads、予定より日程が延びてしまった分の追加をしたい、カード付帯の海外旅行保険だけでは手薄、というケースならグローバルパートナーなど、状況に合わせて使い分けるのが良いでしょう。

どちらも補償内容はしっかりしていますし、国内の海外旅行保険よりリーズナブルです。

使いこなせればより旅行を楽しめる、心強いパートナーになってくれるはずです。


当サイトについて

クレジットカード付帯の海外保険について、活用のコツや注意点を徹底ガイド。旅行会社や空港で無駄な保険に入る必要はないことを証明しています。年会費無料のお得なカードから、子供連れでも家族全員が補償されるゴールド・プラチナカードまでカードの海外旅行傷害保険を比較し、メリット豊富なおすすめカードもご紹介します。
PAGETOP